転職総合

外資系・年収1000万以上転職のためのエージェント活用3つのメリット

外資系・年収1000万以上転職のための転職エージェント3つの活用法
▶︎ この記事はこんな人におすすめ
・外資系への転職を考え始めた
・外資系への転職の情報を集めている
転職タイガー
転職タイガー
外資系は給与条件が良いですが、投資銀行・コンサルは激務ですから、知力以外に、体力&ストレス耐性ないと厳しいですね。

外資系企業への転職

外資系は全般給与が高い印象があると思います。特に、外資系でも投資銀行は投資銀行部門やトレーダーとしてフロント側のポジションで入社できれば、新卒一年目から1000万、プロモーション早い人であれば3年目で2000万を超えています。30代で億単位の報酬をもらっている人もいます。パフォーマンスが悪ければ生き残れない世界なので、人の出入りも多く中途でもリクルーティングしており、エントリーのチャンスがあります。

そのような高収入求人の多くは、転職サイトではなく、転職エージェントまたはヘッドハンター経由でなされています。

本項では、外資系への転職をする際に、転職エージェントを活用する3つのポイントをお伝えします。

転職エージェント活用の3つのメリット

外資系・年収1000万以上転職のための転職エージェント3つの活用法

外資系企業への転職で、エージェントを利用するメリット以下です。

1. 外資系エントリーのサポート
2. 非公開求人を持っている
3. エージェントからも企業にプッシュ

前提として、ドライな言い方をすると転職エージェントはあなたが商品で、商品価値があるかどうかを見定めてきます。一方で、あなたは転職エージェントのノウハウとリソースを無料で活用することができるということです。

そのため、あなた自身が商品価値があるのだ、と転職エージェントに感じてもらうことが、エージェントをやる気にさせるポイントです。

転職エージェントには転職意思があるということを伝えるほうがより転職エージェントが活動的になります。今、勤め中の方であれば、より良いプロモーションができるのであれば行きたいと思っていると伝えて、転職の意思があることは伝えるべきです。

転職の成功確率を上げるためには、エージェントに対してあなたが商品価値があり、プライオリティをあげて対応すべきカスタマーであるということを理解してもらいしてもらいましょう。

1 外資系エントリーのサポート

転職エージェントを活用するメリットとして、転職活動のプロセス全般を支援してくれることです。レジュメの書き方や面接の対策など、あなたの転職成功率を高めるため彼らの過去の経験も活かして具体的な助言をしてくれます。
彼らのビジネスモデルは、あなたの転職が成功したときの紹介料、つまり成功報酬型のモデルです。そのため、あなたの転職が最終的に実行されるように支援をします。

その背景から、あなたが転職者として転職ができるスペックなのかどうか、そして転職の意思があるのかどうかは、彼らが動く動機として非常に重要なものになります。

外資系企業へのエントリーについて、レジュメ・面接ともに英語での準備になるなど独特な用意が必要になります。過去、面接でどういったことを聞かれたのか、あなたのレジュメをみて、何を聞かれそうか、それに対してどう答えるべきか、具体的なアドバイスを引き出して、転職エージェントのノウハウをあなたの頭の中にインストールしてください。

2. 非公開求人を持っている

日本の企業と違って外資系企業の場合、中途採用も部署ポジション単位で情報がオープンになります。会社のホームページで掲載している会社もありますが、求人を見えるところに掲載すると、競合企業にあの会社はここに投資をするつもりなんだなと見えてしまうので、戦略的にオープンにしないでエージェント経由でしか出さないポジションもあります。

エグゼクティブであればあるほど、候補者が上がりそうなエージェントやヘッドハンターに案件を振ります。そういった案件を受けている会社は、今回の末尾に書いている会社ですので、そのエージェントには登録をしてください。

3. エージェントからも企業にプッシュ

エージェントの別の役割として、あなたが面接をした後にフォローアップの連絡を企業側にもします。そのフォローアップの中で、あなたと企業のギャップを把握し、あなたの魅力を再提案するとともに、不安点はあなたに確認をするなどあなたの転職確度を高める動きをします。
相手が踏み切れなくても、次のチャンスを調整したり、他社の面接進行状況などを伝えて早く意思決定してもらえるように働きかけます。面接の印象は変えられませんが、概ね興味を持っている状態であれば、面談がより前に進むようにプッシュしますし、入社タイミングや給与条件など最終的な確認と調整をします。

外資系企業の案件を持っている転職エージェント

外資系企業の案件を持っている転職エージェント
外資系に転職したい場合は、案件を持っている転職エージェントに登録しましょう。
転職の談のしやすい関係性がすでにできていたり、外資系への転職に慣れていれば1社でも問題ないのですが、日系エージェントだけではなく外資系エージェントも含め、以下の3社に登録する方がおすすめです。


JAC Recruitment: ハイクラス転職エージェントの老舗

リクルートエージェント
: 国内最大手の転職エージェント

ロバート・ウォルターズ: グローバル転職エージェントで業界最大手

年収1000万円の割合・手取り・生活レベル【徹底まとめ】
年収1000万円の割合・手取り・生活レベル【徹底まとめ】年収1000万円の実態をまとめました。企業ランキング、仕事内容、職業、勤務時間、年収1000万円以上稼いでいる人の割合、各世代別の年収状況、手取り、生活の実態、家賃、住みたい街ランキング、車、睡眠時間など年収1000万円について仕事とプライベートを調査。...
市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2020年版】