年収1000万

年収3000万円の手取りは2000万円切る!?税金や保険料など内訳公開【年収200万〜4000万の手取り一覧表付き】

年収3000万円の手取り

年収3000万ぐらいは稼げるようになりたいな。
年収3000万の生活ってどういう感じなんだろう。

さて、その年収3000万の手取りや税金の詳細も紹介しています。

早速、手取り額の実態を見ていきましょう!

年収3000万円の手取りはいくら?税金の内訳は?

年間の税金・保険料の内訳
* 所得税 7,381,200円
* 住民税 2,558,300円
* 厚生年金 680,760円
* 健康保険 825,660円
* 雇用保険 90,000円
* 手取り収入 18,464,080円

年収3000万円稼いだとしても、税金で1150万は持って行かれて今います。
つまり、1/3以上は自分のポケットには入らないということです。

雇われている限りは税金に対する対策がしづらいのが実際です。

それでは、次に年収3000万円を稼いでいる人の割合をご紹介いたします。

年収3000万円の割合

2017年の国税庁の民間給与実態統計調査によると
給与所得者数、全体で4869万の中
2500万円以上の割合は0.2%(9万人)でした。

0.2%というのことですので500人に1名ということです。
限られた人数ではあるものの、一定の割合ではいるということです。

年収3000万円前後の年収での手取り額一覧

年収2000万円〜年収4000万円の手取りと年収に対しての割合を一覧表にしました。手取りの計算にあたっての条件は以下になります。

<条件>
年齢:20歳〜40歳
年収:全て月給でもらい、賞与0円
配偶者:あり 収入103万円以下
親族の扶養:入ってない
生命保険料控除:なし

年収 手取り 割合
1500万円 10,501,560 70.0%
2000万円 13,302,280 66.5%
2500万円 15,971,580 63.9%
2600万円 16,470,080 63.3%
2700万円 16,968,580 62.8%
2800万円 17,467,080 62.4%
2900万円 17,965,580 62.0%
3000万円 18,464,080 61.5%
3100万円 18,962,580 61.2%
3200万円 19,461,080 60.8%
3300万円 19,959,580 60.5%
3400万円 20,458,080 60.2%
3500万円 20,956,580 59.9%
4000万円 23,449,080 58.6%

参考:手取り計算は 税金・社会保障教育を使用

報酬を年収としてもらう能登は別に株式・ストックオプションでもらうという手もあります。
フローで稼ぐよりも、キャピタルで稼ぐ方が数字的なインパクトは大きくなります。

以前、ベンチャーの役員になる方法について記事をまとめてありますので、よろしければご覧ください。

ベンチャー役員への転職の全て【リスクなし!元ベンチャー社長&取締役経験者が語る】
ベンチャー役員への転職の全て【リスクなし!元ベンチャー社長&取締役経験者が語る】ベンチャー役員・幹部への転職について実体験に基づいて紹介しました。役員といってもポジションによって求められる役割も責任も全く違います。また、会社のステージごとに参画しやすさも違います。若い方が間口は広いので、ベンチャーの役員としていづれ名を上げたいなら、友達伝いにベンチャー経営者を紹介してもらいつつ、ヘッドハンターとのコネクション網を構築して情報収集から行動を始めましょう。...
市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2019年版】