転職総合

30歳で年収500万円って実際どうなの?割合が生活実態を詳しく解説

30歳で年収500万円って実際どうなの?割合が生活実態を詳しく解説

同じ会社で正社員として働いていれば、いつかは年収500万円を受け取る時が来るでしょうが、30歳に焦点を絞ってみると、生活レベルや手取りはどれくらいなのか気になりますよね。

この記事では年収500万があればどのような家やマンションに住めるのか、そもそも、30歳で年収500万円を稼いでいる人の割合はどれくらいいるのか、その中に含まれる女性の特徴などを解説していきます。

30歳で年収500万円以上を稼ぐことができる職業などについても紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

30歳で年収500万円以上の人の割合ってどれぐらいいるの?

30歳で年収500万円以上の人の割合は、実際にどれくらいなのでしょうか。

30歳の平均年収はいくらなのか、500万はどれくらい高いのか、30代全体の平均値や中央値をまとめました。

30歳で年収500万稼いだら平均年収より高い

国税庁が出した「民間給与実態統計調査結果」を参考にすると、日本人の平均年収は約432万円ということでした。

ですから、年収500万は平均より高いといえるのですね。

30歳の平均年収は、約354.5万円

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、30歳の平均年収は、約354.5万円と平均年収が算出されました。
月収にすると21万円、ボーナスは100万円という額になりますね。

さらに対象を正社員に絞って男女別に見てみると、男性の平均年収は439万円、女性の平均年収は367万円です。
男性に比べると、女性の平均年収は約70万円の差があることになりますね。

30代全体男性の年収の平均値が485万円、中央値が450万円

30代全体で考えると男性の平均年収は485万円、中央値は450万円です。
女性の平均年収は380万円で、中央値は350万円でした。

中央値を分かりやすく説明すると、出されているデータの真ん中の値です。
平均値は極端に最大値や最小値が飛び抜けていると、全体の数字が変わってしまうので、中央値はとても大切なデータなのですね。

30歳で年収500万円を超える職業

30歳からは、中間管理職にデビューするチャンスを迎えるために、年収が上がっていきやすい年齢に入ってくれと言われています。
手取りとしては25万円から30万円となりますので、独身の場合は余裕のある生活を送れるでしょうね。

ということで、2018年9月から2019年8月の1年間、dodaエージェントサービスに登録した人を対象として、30代に限定して年収500万円を超える業種別や職種別の平均年収をまとめました。

30代の業種別の平均年収

30代の業種別の平均年収トップの1位は「金融」で519万円です。納得の数字ですね。
2位の「総合商社」は495万円と平均ではわずかに届きませんが、給料は会社によってばらつきがあるので、出世レースに勝った人は500万円を稼ぐことは可能でしょう、僅差の3位は「IT・通信」の492万円です。

30代の職種別の平均年収

30代の職種別平均年収の1位は「専門職(コンサルティングファーム)・専門事務職・監査法人」の608万円でした。

2位は516万円の「企画・管理系」で、3位は「技術系(IT・通信)」の509万円です。

平均が500万円にわずかに届きませんが、4位の「技術系(電気・電子・機械)は498万円、さらに5位は僅差で「営業系」の497万円でした。

30歳の女性で年収500万を稼ぐ人の特徴

年収500万円を超える日本のビジネスパーソンは約9%と言われていて、平均年収の男女差は約2倍の差があります。

2017年の調査では女性の平均年収は380万円ですので、30歳で年収500万円の女性というのは、未だ男性社会の構造が残る日本においてかなり珍しいと同時に、非常に優秀であると言えますよね。

そんな選ばれし彼女達の特徴として、自信家で時間の使い方が上手で、オンオフの切り替えが素早くでき、常に向上心に溢れているので学ぶことに貪欲。

継続力があるので同じ会社に長く勤めることができて、転職する時も同じ職種なのでキャリアアップが可能。

さらにはコミュニケーションスキルと論理的思考の両方を兼ね備えているので、仕事ができる上にみんなを引っ張っていける魅力を持っているのです。

弁護士

女性で年収500万円以上稼げる職業として、最も可能性が高い1位は「弁護士」でしょう。
男性弁護士の平均年収は1159万円で、女性弁護士の平均年収は766万円と、400万円くらいの違いがありますが、本人の成功率によってかなりのばらつきがありますから、やりがいのある職業と言えますね。

投資銀行業務

2位は「投資銀行業務」で、女性の平均年収は672万円になります。
投資銀行と聞くと分かりにくいですが、証券会社のことですね。

男女共に年収が高く、特に外資系の証券会社になると給料も跳ね上がってくるのですが、仕事がきつく労働時間が長いというデメリットもあります。

戦略・経営コンサルタント

3位の「戦略・経営コンサルタント」の女性の平均年収は588万円で、コンサルタントと一言で言っても、営業・人事・会計・経営戦略など多種多様な仕事内容がありますから、それに対応したスキルが必要になってきます。

さらにはクライアントとの打ち合わせもありますので、説得のためのコミュニケーションスキルや、説明のための論理的思考も大切になりますね。

営業職/CRO・SMO・CSO

4位は平均年収579万円「CRO(医薬品開発受託機関)・SMO(治験施設支援機関)・CSO(医薬品販売業務受託機関)の営業職」です。
これらのメディカル関係の業界は、最近になって女性の活躍が著しい業界で、主に外資系企業が積極的に女性管理職を受け入れています。

公認会計士

5位は女性の平均年収571万円の「公認会計士」です。
他に代わりがいない監査業務と言う、いわば独占市場の初任給は年収480万円程度だと言われていますが、残業代をプラスすると500万円を軽く超えてしまうでしょう。

IT系技術者

6位は女性の平均年収500万円以上の「IT系技術職」です。

IT業界と一口に言っても、戦略・システム企画やコンサルタント、プロジェクトマネージャーなど様々あります。
さらにはシステム開発やプログラマーなど多彩ですが、すべて平均年収500万円を超える水準の高い職種が並んでいますよ。

手取りでは実際いくらになる?

今までは年収の話でしたが、受け取れる金額は平均月収では「33万円くらい」実際の手取りは「400万円くらい」となっています。

やはりボーナスがあったとしても、住民税や社会保険料、所得税などで引かれてしまうため、年収が500万円であったとしても、100万円程度は引かれると思っておきましょう。

家などの生活

ここからは年収500万円以上を稼ぐ30歳の女性は、どのような家で生活していけるのか、ということを紹介していきます。

家賃は10万円程度

年収500万円の家賃の目安は10万円程度だと言われていますが、もう少し家賃を下げれば車を所有し、駐車場を借りたとしても、余裕ある生活を送ることが可能です。

家賃を15万円くらいに上げると、勤務地の近くである都心のタワーマンションに住むことも可能ですので、通勤が苦に感じるのであれば考えてもいいでしょうね。

単身者であるならば1LDK

東京の都心部であれば10万円の家賃を払っても、ワンルームや1Kで生活していかなければいけません。

それはさすがに厳しいと思いますので、単身者の方は若干中央部から離れた1LDKの物件がオススメですね。

プライベートを満喫できる

家賃は約10万円の出費がありますが、無駄遣いをしなければ約6万円は毎月ためることができると思いますので、それを使って好きなことや習い事、女子会や旅行など、自分のやりたいことをめいっぱい楽しむことができます。

割合

国税庁の調査「民間給与実態統計調査」によると、女性給与所得者のうち年収500万円以上稼ぐ人は155万5千人いることが分かっています。

一見すると多いように見えますが、全体の割合で考えると8.6%ですので、かなりの少数ですね。

30歳で年収500万円あるとどんな家・マンションに住める?

都内に住む30歳で年収500万円の収入がある人が、住宅購入を検討している場合、どのような住宅が適正なのかを説明していきます。

都内在住の方は住宅はかなり深刻

結論から言ってしまうと、都内在住の人の住宅はかなり深刻な問題になっていて、たとえ一生働いたとしても満足する住宅を手に入れることができるかどうかわからないという状況です。

かといって、安い物件を買っても失敗してしまう例も多いので、3,000万円を基準として考えざるを得ませんが、都内だとそれでも厳しいと言わざるを得ませんね。

ローン2千くらいまでで買える中古

これを見ている方がどの仕事に就いているかはわかりませんが、第4次産業革命から始まるAIや5G、メルカリなどの企業を介さずに客同士が取引するCtoCなどの普及などによって、これから将来何が起こるのか全く見通せなくなってしまいました。

そうなると、スマートフォンに急速に市場を奪われていったガラケーや、ポケベルなどと同じようなことが他の業種でも起きる可能性がありますので、将来年収が増えるどころか業界そのものが消え去ってしまう可能性すらあります。

このように、未来に何があるのかということは全くの未知数ですので、住宅でもマンションでもローン2千くらいまでで買える中古の物件を選択肢に入れた方が、余裕のある生活を送れるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか、今まで年収の話をしてきましたが、実際の話、平均年収というのは業種や住んでいる都道府県、最終的な学歴や性別、そして何よりもあなた自身の能力によっていかようにも変動していきます。

ですので、自分の年収が平均より少なかったとしても、出世レースを勝ち抜いたり、スキルを身につけて転職したりすることによって、平均年収は上昇していくものですので、年収が上がるように、意識を高く保って仕事に取り組んでみてくださいね。

年収500万円以上稼ぐ人というのは、全体で約10%と狭き門に見えるかもしれませんが、年収500万円ということは400万円の手取りがあるということですから、よほど散財をしない限りは都心部であっても快適に過ごしていくことが可能です。

市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2020年版】