転職総合

ブラック企業でも3年してから転職したほうがよい?答えはNO!だけど「何か本人に問題があるのではないか」と採用側が持つ疑いを晴らす準備が必須

ブラック企業でも3年してから転職したほうがよい?

「ブラックすぎて耐えられないが転職できるか不安・・・」
「一度就職したら3年は続けろと言うがもう無理」

日々、辛いと思い、ボロボロになりながら今日も出勤。
ブラック企業で仕事をしていると心が見る見る疲弊してしまいます。

就職してからあまり時間経ってないけど、辞めたい・・・

ブラック労働が行われていることは、入社するまでは気づかせません。
欲しいと思った人材には入社させようとします。
安く賃金に設定して入社人数は沢山いた方が良いという企業もあります。

結果的に、望まずに入ったブラック企業。

ハードなことが当たり前だと思い込まされて、現実に気づくまで時間がかかった人もいるでしょう。
ブラック企業だと気づいも、怖くて辞められないという人もいるでしょう。
3年しないと転職の市場価値が低いからと我慢している人もいるでしょう。

でも、言わせてください!
ブラック企業から3年未満で転職してしまっていいんです!

ただ1点。

採用側には、3年未満で退職をすることに対して

「前の会社の問題なのか?本人の問題なのか?うちに入っても環境のせいにして辞めるんじゃないか!?」

という疑問が湧きます。

大切なことは、この疑問にしっかり回答できる準備をしておくことです。

そして、次はしっかり3年以上勤められる会社に入りましょう。

ブラック企業でも3年してから転職すべき?

ブラック企業でも3年してから転職すべき?
一生懸命就職活動をして、入社した先が実はブラック企業だった。そうしたらどうしたらいいのでしょうか?

結論を言うと、転職して早く違う職場にいくのが良いです。

人生の限られた時間を、辛い苦痛な時間にする必要はないのです。

今回の記事では、ブラック企業側の考え方と入社3年未満での転職のポイントを見ていきましょう。

ブラック企業なら3年待たず転職でも大丈夫①就職して初めて実態がわかることは往々にしてある

ブラック企業では、新卒や第二新卒は一定の水準を超えていればとにかく採用してしまいます。厳しい職場環境で離職率が高いため、採用側も最初から大量に採用する企業もあります。

ここがポイント!

入社させてしまってから自分達の社風に耐えられる人を残していく

特に、学生から見た時にその会社と入社後のその会社は全く違う雰囲気ということはよくあります。採用面談等で表に出てくるエース級の社員が新卒面談を行うので、実際とのギャップが生まれます。

よくある例

面談では風通しの良い印象だったのに、入社したら体育会系の上下関係がものすごく厳しい会社だった!

ブラック企業なら3年待たず転職でも大丈夫②社員を大事にしない会社は結構ある

「社員を大事にする」と言うのは建前だけの会社は残念ながら山ほどあります。

新人に売り上げ数字を上げさせることに多大なプレッシャーを与えたり、プログラム開発で長時間労働を強いたり、店長だからといって残業代を払わないようにしたり、とブラック労働を強要します。

利益を出すことが優先であり、それが全てを正当化する会社です。

よくある例

入社後の研修やフォローアップを大してせずに、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)という名目で現場に配属し摩耗する

OJTというと聞こえが良いのですが、とにかく即戦力としてすぐにでも売上貢献させたい会社がそういうことを実施しています。儲かっていなくて管理部門のリソースがない会社はやりがちです。

ブラック企業なら3年待たず転職でも大丈夫③ブラック企業があることは認識されているから大事なのはなぜ辞めるのかの説明

ブラック企業に対する認識は世の中に広がっていますので、運悪くそういった会社に入社してしまった人がいても、その状況を理解してくれるホワイト企業は沢山あります。

しかし、職務経歴書を見て3年未満であると「何か本人に問題があるのではないか」と採用側が疑いを持ちます。その疑いを晴らしてあげられれば問題ではないのです。

3年以内でやめて転職をしようと考えている人は、「何か本人に問題があるのではないか」という疑いを晴らすための準備をしっかりしておくということが大事!

「3年未満で転職」ということ自体に採用側から見たメリットはありません。もしあなたが面接でのやり取りで、的外れの会話や、説得力のない会話ばかりをしていたら、「だから3年未満で退職したんだな」という悪い方向で評価の裏付けにされてしまいます。

企業が採用するのは、自社の売上/利益に貢献できる人材を探しているからです。3年未満という事実より、自社で活躍できることが重要です。その判断のための確認だと考え、準備しましょう。

ブラック企業を3年未満で転職するための3つの準備

ブラック企業を3年未満で転職するための3つの準備
3年未満で転職をすることについて質問される可能性は高いのでしっかり準備をする、というのは実際どういう準備をするのがよいでしょうか。

ブラック企業を3年未満で転職するための準備①本音で話せるように準備

1つ目のポイントは「本音で話せるように準備をすること」です。

いきなり、面接の場で質問をされて曖昧な回答をしてしまったり、場当たり的な回答をして説得力を欠いてはいけません。

そのため、一度、伝えたいことの要点を書き出して整理しておきましょう。そして、その際に悪く思われたくないからといって、変にカッコつけたり、嘘偽りを言葉にしてはいけません。あくまで、本音をベースで書き綴ります。

ブラック企業を3年未満で転職するための準備②悪い点だけではなく良い点も

2つ目のポイントとして、前職が最低最悪のブラック企業だったとしても、悪い点だけではなく、良かった点も言葉にしておきましょう。

3年未満の退職理由として、前職の悪かったところばかりを話してしまうと、「あなた自身に何か問題があるのではないか」と逆に思われる可能性があります。

前職の悪い点を引き出して退職理由を伝えるのであれば、「・・・という点はすごく勉強になったのですが、・・・・という点が〜」など、聞き手の企業側に前職の職場非難ばかりに受け止められないようにしましょう。

ブラック企業を3年未満で転職するための準備③退職理由と今後のキャリアプランとライフプランの一貫性

3つ目は、今後のキャリアプランとライフプランも合わせて一貫性のあるストーリになっているのかチェックをしてください。

あなたがその企業にとって、欲しいと思える人材だと判断をしてもらう上で、キャリア・ライフプラン共に今後どういったことを考えているのかは重要な情報です。

3年未満で辞めることにしたことを、キャリアプラン・ライフプランから見た時にポジティブにつながるようなストーリーを考えましょう。

ブラック企業を3年未満で転職するなら準備は早めに進めておこう

ブラック企業を3年未満で転職するなら準備は早めに進めておこう
転職はサイト登録から書類の準備、エージェントとの面談、企業での面接までステップも多く、時間もかかります。

転職の準備は早めにやっておいて損はありません。

本格的に転職活動をする前に、ウェブサイトの登録を先に進めて、情報収集をしておくことをオススメします。

新卒で入った会社がブラック企業だった場合、第2新卒に特化したマイナビジョブ20’sなどが事情もわかってくれますし、過去の事例も豊富なので相談相手として安心です。

転職エージェントは基本的に年収の一定割合を手数料を企業からもらうビジネスモデルです。そのため、若くて年収の低い人を一人転職させるよりも、年収の高いエグゼクティブを転職斡旋したほうが利益になります。年収が低いと後回しにされたり、しっかり対応してくれないところもあります。

マイナビジョブ20’sは、最大手としての情報網を活かしつつ、第2新卒ならではの課題も理解した上で、ちゃんと対応してくれるので安心です。

転職しないけど自分では辞められない人は、最近利用者が急増している退職代行サービスに相談してみるのも良いです。

退職代行比較
退職代行サービス10社の徹底比較まとめ退職代行サービスを10社をまとめてご紹介しています。どこにすればいいか、検討されている方はぜひご参考ください。...
市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2020年版】