フリーランス

自己クリックによるAdSenseアカウント停止 1ヶ月の対策【自己反省】

アドセンスの自己クリック判定

一度として、意図的に自分のサイトの広告をクリックしたことがないのでまさか自分が!!という感じです。まだトラフィックも大したことないので、、発生クリック数が少なく、その中での割合でいうと高かったのか、ピンポイントでその誤クリックが調査に引っかかったのか。

誤クリックしたら、自分からグーグル先生にごめんなさいできる仕組みがあるので、恐怖で夜も寝れない人や一度停止くらって2度で垢バンになってしまうよりはやっておいたほうが無難ですね。基本的は誤クリックごめんなさい申請は不要です!

今回、コハクは、一ヶ月のアカウント停止ということです。

とはいえ、ほとんど収益なんて発生していませんので、収益的なインパクトはないのですが、これを気に考えたことをまとめておきたいと思います。

ちなみに、コハクの場合、自分以外のクリックもなさそうですが、IPで判定していると思うので、自分じゃなくても同じネットワークからクリックしてしまっていれば自己クリック判定になりますので、お気をつけください。

どうやって気づいたか?通知など

朝、スマホで昨日のanalyticsとAdSenseの数字を確認しようとした時、AdSenseのデータがいつまでも読み込まれず、最初はこれはwifiの調子が悪いのかなぐらいの感じでした。

その後も読み込まれないので、PC環境でAdSense管理画面を開いたタイミングでアラートに気づきました。深夜にメールでの通知が来ていたことを確認。

あーらら、って感じ。

過去、色々実験して、グーグルから停止や垢バンを喰らうことはあったので、コハク的には「まぁ、そういうこともあるよね」ぐらいですが、別にポジティブなことではないかなと。

確か、はじめてグーグルから同様の通知を食らった時には、結構手に汗握っていたと思います。

前提として、1ヶ月の停止期間を前倒しでAdSense再開させるような手段はないので、1ヶ月は今回の出来事をしっかり受け止めて待つしかないです。

とはいえ、本気で取り組みをしている人はただで転んではいけません。

これを受けて、対応策を考えた思考を共有します。

基本的な方針というか絶対的な方針は、「全面的グーグルのポリシーに従う」です。

AdSense停止の一次対応

私の場合、ワードプレス×JINで運用しており、広告配信の表示エリアを指定しているため、配信がなくても、その表示領域が空白表示されていました。

ワードプレスの管理画面で制御を外して、ついでにアドセンスのタグも削除しておきました。
本来、削除する必要までないのですが、感知していないところで、いたずらな動きをして二次的な被害がでないように細心の注意を払った手を打った感じです。

AdSense停止の恒久対応(誤クリック防止)


PC環境のみなのですが、グーグル公式のクローム拡張ツールGoogle Publisher Toolbarを入れて、右下の「広告オーバーレイ」をオンにすれば、誤クリックしなくなります。スマホ環境のチェックをしたい時には、ブラウザの横幅を狭めてみる方法になります。

AdSense停止の恒久対応(収益)

AdSenseのアカウント分散を調査しました。

結果的には、実施しないという判断ですが、同じことを考える方もいると思うので記述しておきます。

複数のサイトを運用している場合でも、1つのAdSenseアカウントに複数サイトを紐づけるかたちになります。

一方で、Gmail1アカウント=AdSense1アカウントが原則です。

アカウント停止はアカウント単位で発生しますので、サイトA,サイトB,サイトCを持っていたとして、サイトAで発生した事由によるアカウント停止は当然サイトB,サイトCの広告配信に影響して止まります。

じゃ、複数のGmailで複数のアドセンス作って、分散しておいたほうがリスクも分散できるよねということを考えるわけです。

しかし、「Gmail1アカウント=AdSense1アカウントが原則」を無視することになるので、グーグルに見つかって(見つかると思ったほうがいい)より重い処分を食らうことになります。

これで食べていこうとする人にとっては、グーグルのアカウント停止、垢バンは死活問題ですが、ルール上、抱えて走らないといけないリスクということになります。

ただ、個人と法人は分けることができます。

究極は法人を複数に分けることでしょうか。

会計経理上の管理のコストが上がるし、そもそもトラフィックが増えてからアカウント移行をしようとしたら事業譲渡の手続きなど面倒は多そうです。

複数社すでに保有している人なら、そのオペレーションに乗せるだけなので、ありかもしれませんが、真面目に正面からやるには対応コストが高いので、コハク的には実施しない手です。
管理コストは最小化して、価値を生み出すことだけに集中したいと思っています。

AdSense以外への収益分散

正攻法として、やるべきことは、AdSense以外の収益モデルを入れ込むことです。


Googleと同じように広告配信を自動でしてくれる仕組みはいくつかありますが、私は大手の
ネンド“"に申請を出しました。グーグルと同じで審査もありますし、即日配信されるわけではないので、時間ある時に申請しておくのがいいと思います。
ネンドはスマホ広告なのですが、垢バン期間中に試しに導入してみて、成果を比較してみたいと思います。

もちろん、アフィリエイト広告など他にも収益源は分散をしておくべきですね。

起業おすすめの記事