ブログ運営

analyticsで自分のIPを外す方法【自分の閲覧数を除外し正確な情報で判断】

analyticsで自分のIPを外す方法【自分の閲覧数を除外し正確な情報て判断】
▶︎ こんな人におすすめ
・analyticsで自分のIPを外す方法を知りたい
・正確な情報に基づいて運営したい
・ブログを始めたばかり
コハク
コハク
正確な情報なくして正確な判断はできません
そりゃ、そうやね

不要なトラフィックを除外しよう

いつもパソコンで作業する自宅やスタバなどのカフェなどで自分が見た閲覧数を除外できることをご存知でしょうか。

特に立ち上げ時期は自分の閲覧割合が高いですし、本当に何人みてくれているのかがわからなくなることで、やるべき施策と違う判断をしてしまい遠回りすることを避けましょう。

判断を間違える例

・見られているのに直帰率が高いから内部リンクをもっと増やそう
・見られている割にアドセンスをクリックされないから広告を増やそう
・初月から1万PV!自分が何回も更新した記事がやっぱり1番人気だ!

初月○○PV達成などは正しい事実ではない

ツイッターなどで初月○○PV達成とかって大概、嘘ですね。
だから同時期に始めた人と自分を比べて、PVが多いとか少ないとかで焦らなくていいです。

だいたい月間1万PVぐらいまでは自分で作れちゃいますから、むしろ、「あー、わかってない人なんだな」と思えばいいです。

ブログは長期戦ですから、短期的な話で一喜一憂せず、正しい情報を早くから把握できる状態にし、成長率を確かめていくことが肝要だと思います。

アナリティックスの設定方法

パソコンで作業する人が自分の閲覧数を除外する方法をご紹介いたします。

パソコンでの自己閲覧を除外する手順

1. IPアドレスを確認する
2. アナリティックスを開いて「管理」をクリック
3. ビューのフィルターを開く
4. フィルタの詳細を設定
5. IPアドレスを入力し、保存をクリックして終了

1. IPアドレスを確認する

以下のサイトにアクセスすると利用しているIPアドレスが一瞬でわかります。
▶︎ IPアドレス確認

自分の作業場でアクセスをして、IPアドレスをメモしてください。

2. アナリティックスを開いて「管理」をクリック

analyticsで自分のIPを外す方法

3. ビューのフィルターを開く

analyticsで自分のIPを外す方法

「フィルタを追加」をクリックしてください。

4. フィルタの詳細を設定

analyticsで自分のIPを外す方法

以下の設定をしてください。

「フィルタ名」 なんでもOK
「フィルタの種類」 定義済み
「フィルタの種類を選択」 除外
「参照元かリンク先を選択します」 IPアドレスからのトラフィック
「式を選択します」 等しい

5. IPアドレスを入力し、保存をクリックして終了

analyticsで自分のIPを外す方法

IPアドレスの部分に、「1. IPアドレスを確認する」で取得したIPアドレスを入力して保存してください。

以上で完了です。簡単ですね!

まとめ

アナリティックスで正しい情報が閲覧できるように設定しておくことで、正しい判断ができるようになります。
まずは、自分の作業場のIPからの閲覧数を除外しましょう。

成功と失敗
【断言】ブログで起業して失敗することはあり得ない【一つの場合を除いて】過去2回起業を成功させてきた筆者が、一つの場合を除いて、ブログで起業して失敗することはあり得ないということを説明します。...
ベンチャーに強い転職エージェント全7社【ランキング】