フリーランス

ブロガーとアフィリエイターの違い【今後はどちらのスキルも必要】

ブロガーとアフィリエイターの違い

「初心者で何から手をつけていいかわからない」
とにかく100記事書くんだ!と盲目的に言い聞かせている」
「具体的に教えてくれる人がいないので、調べて試してを繰り返して時間だけが過ぎていく

はっきり言って、一生懸命作業をしたとしても的を得てた作業をしていなければ全然稼げないんです。

一生懸命、毎晩遅くまで記事を書いて、100記事超えて、150記事書いて・・・・書き続けたのに、結果大した収益を得られない時間を少してしまいます。

「ブロガーとアフィリエイターの違いを正しく理解すること」で・・・

中長期的な方向性のイメージが持てるようになる
・収益化のための具体的なステップがわかる
日々の作業目的と内容が明確になる

この2つの違いとこれからどうアプローチしていくのが良いかをご紹介します。

▶︎ こんな人におすすめ
・ウェブサイトで収入を得たいと思っている
・ブロガー初心者またはアフィリエイター初心者
・サイトの運営方針を今後どうすべきか悩んでいる

ブロガーとアフィリエイターの違いを知らずにサイト運営した私の話

ブロガーとアフィリエイターの違いを知らずにサイト運営した私の話
インターネット業界で仕事を初めて13年目となりました。ブログを書くことだけで言うと15年以上続けています。しかし、当時の記事は内容もライティング方法も収益化を意識しておらず、全てただのポエムでした。

当初は雑記化し収益上がらない

ブログ・アフィリエイトで収益を得ようと考えて、とにかく100記事を目指して立ち上げたブログは「雑記化」していきました。

現在はサイト設計し収益化

今は「稼ぐためにサイト設計」をした「人格のある特化ブログ」と「人格のないアフィリエイトサイト」の両方を多数運用しています。

私は、ブロガーとアフィリエイターの違いや必要なスキルを全く知らずに始めたために結果的に遠回りしたと思っています。

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイターの違い
先日、アフィリエイトを始めたばかりの方に、ブロガーとアフィリエイターの違いについて書いてもらいました。

ブロガー
商材にこだわらず、自分の好きなことを情報発信する
その上で、収益化できそうな情報があれば収益化していくモデル

アフィリエイター
売れそうな商材、サービスを決めてサイト・記事作成を行う

初心者だとこういったイメージだとよくわかりました。いくつか大事なポイントがあるのでその違いについてご紹介します。

ブロガーとアフィリエイターの違い①中心は「自分」か「商品」か

ブロガーとアフィリエイターの違い①中心は「自分」か「商品」か
ブロガーとアフィリエイターで違うのは、「自分」を中心としたウェブサイトを運営するか、「商品」を中心としたウェブサイトを運営するか、運営の中心に置いているものが違いいます。

ブロガーとアフィリエイターの違い②得られる「信頼」の向き先

ブロガーとアフィリエイターの違い②得られる「信頼」の向き先
そのサイトを運営していった上で積み重なる「信頼」はブロガーであれば「自分」に、アフィエイエイターであれば「サイト」に蓄積されていきます。

ブロガーとアフィリエイターの違い③稼ぐ「ビジネスモデル」の多様性

ブロガーとアフィリエイターの違い③稼ぐ「ビジネスモデル」の多様性
ブロガーは認知が高まれば、ブログでの広告収益以外に、SNSでの広告、クラウドファンディング、コンサル、note販売、サロン運営など、幅広いビジネスモデルがあります。

一方で、アフィリエイターは、アフィリエイトサイトでの広告収益のみがビジネスモデルになります。

ブロガーとアフィリエイターの違い④サイトで狙う「キーワードの幅」

ブロガーとアフィリエイターの違い④サイトで狙う「キーワードの幅」
ブロガーはブログで幅広いキーワードを狙いますが、アフィリエイターはただ1つのキーワードを狙うためにサイト制作をします。

ブロガーとアフィリエイターの違いから分かるメリット・デメリット

ブロガーとアフィリエイターの違いから分かるメリット・デメリット
上記の違いから生まれるメリットとデメリットを表にまとめました。

メリット デメリット
ブロガー 続けるほど「自分」の価値が上がる 収益化までに時間がかかる
アフィリエイター 収益化が早い 検索順位の影響が大きく不安定


ブロガーは「個人」に蓄積されていきますので、そこからいろいろな事業展開が可能ですが、収益を得られるほどにブログやSNSでファンが集まるというものは、時間がかかる傾向があります。

アフィリエイターは、キーワードによりますが1ページのみのサイトでも早くて翌月〜半年後には収益を上げることが可能です。逆に、収益がサイト広告のみなので、検索順位のインパクトがとても大きいと言えます。

アフィリエイターについて補足すると、その不安定なリスクを分散するために複数のサイトを運営する傾向があります。

逆にいうと、一番弱いのは、「1つのサイトでしか稼いでいないアフィリエイター」と言えます。

ブロガーとアフィリエイターの違いから分かる各々に必要なスキル

ブロガーとアフィリエイターの違いから分かる各々に必要なスキル
ブロガーは収益モデルが増えている分、使えるスキルも広いです。Youtubeをやっているのであれば動画編集だったり、サロンビジネスであればコミュニティ運営ができるスキルが必要です。もちろん、ブログでも検索上位にあげるためのスキル(セールスライティング・SEOライティング・サイト構築など )が求められます。

一方で、アフィリエイターは、一つのキーワードを上げることに全力を注いだサイトを構築・ライティングスキルが必要です。ブロガーとして記事を作成するよりも、ずっと深いリサーチを行った上でサイトを作成します。

ブロガーとアフィリエイターの違いを理解した上でどっちが稼げるか

ブロガーとアフィリエイターの違いを理解した上でどっちが稼げるか
アフィリエイターは単価の高い激戦ジャンルで勝ち上がっているサイトであれば単月1000万等もざらにあります。サイト収益だけで見るとアフィリエイターの方が多いですが、ブロガーの収益モデルはどんどん広がっており、アフィリエイターとブロガーで単純にどちらが収益が多いということは言えなくなったと思います。

ブロガーとアフィリエイターの違いを理解して両方自分のものにしろ

ブロガーとアフィリエイターの違いを理解して両方自分のものにしろ
「あなた」はブロガーかアフィリエイターのどちらか一方しかやってはいけないと言うことはありません。ただし、あなたの作る「サイト」はその役割を分けて認識しておく必要があります。

むしろ、今後はウェブサイトで収益を上げるのであれば、ブロガーの持つ影響の力とアフィリエイターのサイト制作スキルの両方を持つことが望ましいと考えています。

ツイッターを始めとしたSNSからの信頼は検索順位に対しての影響度を高めていると言われており、一方で競争環境がどんどん加速し、検索上位に求められるスキル高くなっています。

今後必要なのは、両方の専売特許を自分のものにしてウェブサイト運営に活かすことだと考えます。

ブロガーとアフィリエイターの違いまとめ

ブロガーとアフィリエイターの違いまとめ
ブロガーとアフィリエイターの違いについてご紹介いたしました。両方とも一長一短がありますが、重要なことは、特性を理解してスキルアップしサイト運営をすることです。

これからの時代にウェブサイトの広告収益で稼ごうと考えているのであれば、ブロガーから始めても、アフィリエイターから始めても、どちらのスキルも必要になります。

(コツコツとサイト・SNSの更新をし続ければ)信頼がついて広いマネタイズポイントを設けられるブロガーか、(ポイントを押さえたサイト制作をすれば)収益化までには時間が短いが不安定要素が大きいアフィエイターか、自分が向いていると思う入り口から始めれば良いでしょう。

起業おすすめの記事