転職

ベンチャーのCFOを経験含め徹底解説〜未上場から参画し成功を掴む〜

ベンチャーのCFOを経験含め徹底解説〜未上場から参画し成功を掴む〜

ベンチャーCFO狙うなら抑えるべき準備内容を今すぐ見る

上場を目指す同世代を横目に「今のままでいいのか」と焦りを感じる

コンサルや金融業界にいると、ずっとビジネスの主体者になれない

会計士として監査する先に魅力的なキャリアが描けない

優秀な人ほど、今の仕事も忙しいですよね!?

気づけはあっという間に時間は経っていってしまう。
今ならリスクテイクもできるし、ここまでの経験とキャリアを活かしてもっと躍進したい。

目の前に広がるキャリアでリスクも報酬も最も大きいのが未上場ベンチャーの「CFO」

「CFO」とは、CEOと二人三脚で会社の急成長を支える経営メンバーのこと。
管理部門の長として堅牢な組織を作りつつ、経験と人脈を活かして市場から当社が成長を続けるために欠かせない資金を調達します。

ベンチャーの経営環境は常に変化。順風と逆風の繰り返し。
急成長を描いてギリギリまでアクセルを踏むので、いつ何時、何が起きるかわかりません。

そんな状況でも、優秀なCFOがいれば経営は安心して前を向いて駆け上がれます!

というわけで、こんにちは!
ベンチャー経営の最前線で戦ってきた私、コハクが未上場ベンチャーのCFOについて解説をします。

実際に、外資金融・会計士出身といった経歴のCFOを採用・組織してました。

経営未経験者が人から聞いた話や転職エージェント側でまとめた話ではなく、ベンチャーを経営してきた人のCFOのリアルな記事ってなかなかない。

私、好きなんですよね。未上場ベンチャーの「熱量」が。
だから、この文章も、楽しくて、楽しくて、書いています。

これからの時代を創る、志のある人を応援したいと思っています。

CFOって、響きがかっこいいですね。

事業会社でビジネスに参戦してみたい。
経営者として組織を率いる経験をしてみたい。
急成長ベンチャーのダイナミックな戦場で戦ってみたい。

そんな思いを抱いて「CFO」を目指すなら!
ぜひ知っておきたい、求められる能力、CFOの魅力や報酬について書きました。

まず、記事の前半ではCFOというキャリアでは、どんなことが求められるのか。

記事の後半では、ベンチャーCFOを目指す上で「やっておくべき準備はこれ!」といったポイントをまとめました。

それでは参ります!

この記事を書いた人

コハク【名前】コハク(30代後半・男性)編集長の「コハク」は新卒入社した会社で500社を超える企業の採用支援を行う。20代で起業し100名を超える人を採用。転職業界は利用者側としても採用側としても詳しい。現在「転職戦記」編集長。

ベンチャーのCFOというキャリア

ベンチャーCFOの求人からまとめた業務内容
まずは、CFOというキャリアに進む場合に求められる業務内容を、CFOの求人情報からまとめてみました。

ベンチャー・CFOの求人から分かるCFOの業務内容

コハク
コハク
ベンチャー企業のCFOの業務内容をビズリーチに掲載されているCFOの求人から集約しました。

CFOの業務として、まずは会計・ファイナンス・コーポレート部門の統括または子会社の統括と言った屋台骨そのものと言える業務があります。それに加えて財務戦略・資金調達、経営計画の立案といった業務もあります。

ベンチャーCFOの求人からまとめた基本的な業務要件

さらに企業によっては、海外拠点のリサーチ、アライアンスの立案と言った事業側の仕事もあります。また、M&Aを戦略として取り入れる会社であれば、その推進もCFOの仕事です。

ベンチャーCFOの求人からまとめた付加的な業務要件

ベンチャーのCFOに求められる役割

先に結論を書くと、CFOの役割は経営メンバーが安心して、本業で事業計画の達成・上振れに向けた行動に集中できる環境を作ることです。

CFOの役割

CFOの役割には、攻めと守りがあり、両方ができることが重要です。

CFOは攻めと守りの両方ができる必要がある

守りというのは、会計や労務管理、上場関連の業務などのコーポレート業務の統括です。これは上場をする上で絶対に外せない非常に重要な業務で、いわば失点が許されません。

CFOの守りの仕事

一方で 第三者割当増資などの資金調達に関しては攻めの仕事と言えます。

CFOの攻めの仕事

CFOが資金調達面での会社の顔となり、必要な資金を適正な時価総額で調達することができれば、CEOのリソースは本業の売上・利益を伸ばすためだけに時間を集中投下できます。

会社のフェーズがまだシードの時期であれば資金調達業務はCEOが行っているケースが多いのです。しかし、調達額が大きくなってくるアーリーステージ以降では、その対応をすることだけでも非常に多くの時間を要してしまいます。

コハク
コハク
私の経験上、第三者割当増資や業務資本提携は話も大きい分、空振りに終わるケースも多々あります。

CEOが沢山の時間を使って何も得られないと本来できたはずの事業成長を逸してしまうので、CFOがこの業務をカバーできることが大きな役割になります。

業務資本提携は時間を使っても空振りに終わることも多い

それではCFOのバックグラウンドとしてどういう経験があるのがいいのか、見ていきましょう!!

ベンチャーのCFOは会計士が良い?答えはNO!こんな経歴・経験が欲しい

コハク
コハク
実際に私も会計士で外資系証券出身という人をCFOとして採用した経験があります。

CFOの好ましいバックグラウンドとしては、「攻めと守り両方ともできる」というところにフィットした経験があるかないかだと思います。

CFOのバックグラウンド

さらに、私は、守りは代わりが効くので、攻めの方が優先順位が上だと考えます。

守りは、CFOができなくても 対応ができる管理部長を採用し、管理部長をしっかりマネジメントできれば円滑に回ることができます。

経験の優先度は攻めと守り

CFOのバックグラウンドとして、よくあるケースは、公認会計士、外資系投資銀行、外資系コンサルティングファームの出身という人が多いです。

CFOの経歴

経歴別に期待できることを記載しました。まずは、会計監査をやってきた会計士を例に考えましょう。

ベンチャーのCFOに向いている経歴①公認会計士

監査法人にいた会計士であればコーポレート部門の円滑なミスのない運用というのが期待できると思います。一方で、CFOは攻めも必要なためその部分に関して経験や人脈があるのかというところは確認したいところです。

ベンチャーのCFOに向いている経歴②外資系投資銀行

外資系の金融機関で投資銀行にいた方の場合、攻めは実践されてきているので期待できます。守りは、CFOができなくても 対応ができる管理部長を採用し、管理部長をしっかりマネジメントできれば円滑に回ることができます。

ベンチャーのCFOに向いている経歴③外資系コンサルティングファーム

コンサルティングファームにいた方であれば、俯瞰して業務を設計し、実行させることができると期待します。その意味で、守りのマネジメントもできそうですし、攻めの仕事である、資金調達・経営計画に関してもロジカルで、納得感のあるものを生み出せるものと思います。交渉に関してもおそらく長けている方が多いのではないでしょうか。

ベンチャーのCFOに向いている経歴④その他、経営企画出身等

他には事業会社で経営企画をやっていた方や、自分でベンチャーの経営をしていた財務にも詳しい方なども向いていると思います。

これは全体を通じて言えることですが、資金調達をする際に使える人脈があると非常に大きなアドバンテージになります。

CFOになる人が資金調達に役立つ人脈があると大きなアドバンテージ

お金は信用なので、実績ある○○さんがCFOをやっている会社なら成長するだろう、と考えてもらえるからです。

ベンチャーのCFOに向いていない経歴|財務の経験がない

一方で、財務未経験の方がCFOにいきなりなるというのは、かなりハードルが高いのではないかと考えます。

それでは、ベンチャーのCFOになった場合にどの程度の報酬が期待できるのか、経験に基づいて紹介していきます!!

ベンチャーCFOの報酬ってどれぐらいが期待できるの?

CFOの報酬は大きく分けて、フローの役員報酬とキャピタルゲインとなる株式・ストックオプションがあります。

ベンチャーCFOの報酬ってどれぐらいが期待できるの?

メルカリみたいな最初から1000億越えのメガベンチャーは別として、50億〜200億ぐらいの一般的なマザーズ上場時の時価総額のベンチャーを想定して紹介させていただきます!

ベンチャーCFOとして得るキャピタルゲインの金額感

キャピタルゲインに関しては上場時に例えば100億円の上場を想定した場合に その中でどれくらいのパーセンテージを保有するのかという考え方からストックオプションや持ち株割合を設計します。

コハク
コハク
あくまで私の感覚値ですが・・・

おそらく創業メンバーが少なくとも半分以上持つ上で、途中から入ることを想定すると、本当に多くても5%、妥当なところで1〜2パーセント、CFOで1%未満だとちょっと少ない気もする、というような感覚です。

キャピタルゲインの金額感

つまり、100億上場したら、妥当なラインで1〜2億円のキャピタルゲインになります。もちろん、そこからどんどん時価総額を大きくして、1000億になれば、10〜20億になっていくということです。

ベンチャーのCFOの年収はフェーズによって期待が違う

ベンチャーのCFOの報酬は、フェイズによって額が分かれます。

ベンチャーのCFOの年収①シードステージ

コハク
コハク
シードの時期は、プロダクトもできていないかヨチヨチ歩きで、売上もなくて必死な状態です。
シードであればCFOというポジション自体がほとんどない

そのため、売上を作らない、プロダクトを作らないといったCFOという職種は、このタイミングでは必要としないからです。

このステージから入る場合は、

プロダクトを作ったり、売上を立てる部分での貢献が先で、そのステージを超えたらCFOになる

というストーリーになると思います。

月次の役員報酬はない場合もありえますし、月に20万円から30万円程度出せるか出せないか程度が多いと思います。

シードのCFOの報酬

また、シードからもし入った場合は ストックオプションや生株を持つ割合も多く期待できるでしょう。

ベンチャーのCFOの年収②アーリーステージ

コハク
コハク
プロダクトも出来上がり資金や人的なリソースの投入によって事業のスケールが描けるのがアーリーステージです。

このタイミングには、資金調達額も億単位なってきて、ロジカルに今後の見通しやエクイティストーリーを説明する必要があります。

ここ時期の資金調達は、対応時間だけでも非常に大きなものとなってしまい、本業を成長させるという時間を削らざるを得なくなってしまいます。

そのためこのタイミングではCFOが必要だと考える企業が多いでしょう。

アーリーステージでは採用もある程度費用をかけて、優秀な人材を集めるというステージにです。

月の報酬として月50万円前後、多ければまから80万円とかぐらいの範囲で人材の優秀な人材の採用というのが行われます。

アーリーステージのCFOの報酬

キャピタルとして株式をどの程度もらえるかというところに関して言うとシードほどはなかなか厳しいです。

このステージの会社でCFOとして入りたい人は多いので、あまり高望みしても採用されない可能性もあります。

先程ほど記載した、全体の1〜2%ぐらいの着地ができれば恩の字と考えて、高望みをしないほうが良いのではないかと個人的には考えます。

ベンチャーのCFOの年収③シリーズA以降

そもそもほぼCFOのチャンスはないと思います。

シリーズAのCFOの報酬

あるとしたら、すでに採用していたCFOがダメだったとか、トラブルになって入れ替える必要ができたといった状態です。

この状況だと、ストックオプションが最大1%までの範囲だと思います。

最後に、CFOになるにはどうしたらいいのかを見てみましょう!

ベンチャーのCFOとして転職するための準備はコレだ!

CFOになるためのルートとしては大きく分けて2つあります。

CFOになるためのルート

CFOへの転職は、友達伝いでの紹介や勉強会等で直接知り合ったというパターンか、転職エージェントやヘッドハンターが案件として探すパターンです。

おそらく、ビジネスの最前線で戦っている人であれば、友達伝いにベンチャー企業に接触する機会も作れると思います。

未上場ベンチャーは有象無象で、非常に良い成長企業もあれば、全く駄目な会社もあります。

ビジネス人生の最初の山場となる時間を、未上場ベンチャーのCFOとしてフルコミットするのであれば、一社のみではなく多くの選択肢を得られるように事前に準備を進めておきましょう。

特に知って欲しいのは、

アーリーステージでは管理部門に人事部などはまだないケースが多い

ということです。

片手間である程度確率の高いところに絞って、効率よく良い人材に合うということが重要なので、たくさんのエージェントを調整して求人を出すよりは、一番効率の良いところにだけ動くという会社も多いです。

CFO採用について

CFO人材の採用であれば、ビズリーチを使う企業が多いです。その理由は、求めている人材像が一番集まっている場所だからです。

未上場ベンチャーの場合、どういった人材採用を計画しているのか、競合に知られたくないという状況があります。

なので、それらの企業は、ビズリーチでのダイレクトリークルティングを行います。

また、旧知のエージェントやヘッドハンターにはいい人がいたら紹介してほしいぐらいの声がけをしておきます。

初めての転職エージェントと取引をしようとすると、紹介手数料を決める契約や求人の募集要項、希望する人物イメージを伝えるといった作業が、各社ごとに発生します。

転職エージェントを1社1社ちゃんと相手する時間がないので絞る

それを1社1社ちゃんと相手するほど、時間がないというのが実情なので、手間なく動いてくれる旧知のエージェントやヘッドハンターにのみ声がけします。

この面においても、ビズリーチには日本最大の3200名のヘッドハンターが登録をしており、適材だと思われるレジュメをアップすると接触できます。

なので。準備としてぜひやっておくべきことが以下です。

ビズリーチでの転職エージェント・ヘットハンターとの人脈作り

ビズリーチの有料会費が気になる人は、キャンペーンを使って最大3ヶ月ほど無料でプレミアム会員になれるので、その期間にこちらから積極的にヘッドハンターに接触し、無料期間が終わったら待ちの状態にするのが良いです。

無料でも受けのスタンスであれば利用できますし、人生を左右する大事なことなので、月額2980円〜4980円の費用を高い見るか、という考え方もあると思います。

CFOになるつもりがあれば、今からビズリーチでの人脈作りをやっておいて損はありません。

\CFOへの転職なら間違いなく活用!/

市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2019年版】