転職総合

ブラック企業で休めない!転職活動どうする?

ブラック企業で休めない!転職活動どうする?

毎日、毎日、毎日、深夜まで残業。
熱を出していようと休めない。
土日も業務指示が来る。

ブラック企業の労働環境だと転職活動が進めれれない・・・

転職活動、どうしたらいいの???

でも、そんな時間を悶々と過ごしていくうちに、最大の武器である「若さ」が失われてしまいます。

そして、転職市場で、どんどん転職しにくくなっていってしまうのです。

ブラック企業のせいで休みが取れない人がどう転職活動を進めるのか紹介してきます。

この記事を書いた人

モモタ 【名前】モモタ(30代後半・SE)
ブラック企業でブラック上司の元、毎日トラブル対応。身体的な疲れとプレッシャーから鬱になり転職。

ブラック企業で休めないから転職活動できないという「負のループ」

ブラック企業で休めないから転職活動できないという「負のループ」
面接の時間が取れず転職活動ができない

そんな状況になっていませんか?

非常なるブラック企業で働くとあるのがこれ。

ブラック企業を辞めたいけど、ブラック労働で転職できず、辞められないという負のループです。

転職してから辞めるほうが安心できるし良いですよね。ブラック企業脱出の方法はこちらで紹介してます。

ブラック企業を脱出!退職時のトラブルと上手な退職手順
ブラック企業を脱出!退職時のトラブルと上手な退職手順ブラック企業を脱出する上での心構え、実際に発生した退職時のトラブルとその対処法、上手な退職手順をご紹介しています。...

まずは、私の「負のループ」の紹介をさせていただきます!

ブラック企業で休めない?熱は自分が認めたら熱。それ花粉症だろ?

ブラック企業で休めない?熱は自分が認めたら熱。それ花粉症だろ?
熱出しても休めないという経験があります。

正確にいうと、熱出したので休みたいです、というとダメだ!と拒否されるのではなく、

「熱は出したことを自分で認めなければ熱ではない」という理論を教え込まれ、

熱っぽいなと思っても、これは熱ではない!風邪はひいていない!という自己問答に入ります。

その結果、熱は出ていないので、休む必要はない、ということに着地するのです。

鼻水を出していたら、全力で隠します。(だって風邪はひいていない設定だから)

でも、あえて、お前風邪引いてるんじゃないか?と突っ込まれます。

その時に、決まって「花粉症なんですよー」ということになっていました。

これは、季節は関係ないので、昔いた会社に限っては年中、花粉症が発生していた。

時々、風邪が移って同時に複数名いると、みんな今年のスギ花粉は季節外れだとか言い出だすという・・・

ブラック企業で休みなし=転職できない!最大の武器「若さ」を失う

ブラック企業で休みなし=転職できない!最大の武器「若さ」を失う
ブラック企業が平日あなたを束縛して解放しないことによって、あなたの労働力が不当に安く搾取されてしまうだけではなく、あなたの若さという最大の武器さえも削られていってしまうのです。

例えばサービス業で一人休むだけで店が回らないなどあるかもしれません。
しかし、「どうにかする」のは会社の責任であり上長の責任なんですよね。

そこに、いつまでも情を残して対応していると付け込まれて、だらだらと転職ができなくなっていきます。

転職のピークは、

1. 大卒22歳で入った場合、3年後となる25歳。つまり、社会人3年ぐらい
2. 年齢28-30歳。つまり社会人5−7年
3. それ以上は、キャリア次第

です。

ブラック企業からの転職すべき時期①入社後〜社会人3年

こちらのタイミングであれば、今まで働いていた業種や職種を無視して、ポテンシャルでの採用も期待できるので一番幅広い選択肢から転職活動ができます。

ただし、早く辞めるぎるとリスクになるので注意が必要です。

ブラック企業でも3年してから転職したほうがよい?
ブラック企業でも3年してから転職したほうがよい?答えはNO!だけど「何か本人に問題があるのではないか」と採用側が持つ疑いを晴らす準備が必須「ブラックすぎて耐えられないが転職できるか不安・・・」 「一度就職したら3年は続けろと言うがもう無理」 日々、辛いと思い、ボロボ...

ブラック企業からの転職すべき時期②〜30歳(社会人5〜8年)

経験も豊富で、だいたいリーダークラスになっているので、マネジメントも覚えていれば転職市場では引く手数多です。ただし、25歳のときのように今までのキャリアを無視したポテンシャル採用の期待は薄くなります。

今働いている業界または職種に類するものに転職するのが流れになります。

これ以降は、20代での経験・キャリア次第でどんとん選択肢は狭く、その代わり仕事内容は専門的になっていきます。

気づいたら、どんどん時間が経って、転職がしにくい状態になってしまうのです。

あなたが一番望まない、ブラック企業への永久就職ということになってしまうのです。

ブラック企業で休めない場合の転職活動の進め方

ブラック企業で休めない場合の転職活動の進め方
ブラック企業への永久就職なんて人生を生きたくないのであれば、転職活動を強制的にでもはじめて、会社の都合なんて無視してでも面接に行き、手に入れるべき転職チャンスをしっかり取りにいくべきなのです。

以前の私の職場では、昼前後の中抜けがチャンスが多かったです。

夜が近づくと、帰りづらいのですが、お昼ぐらいに役所に行ってくる必要があるといって面接に行ったこともあります。

営業職なら打ち合わせを調整して面接に行くのがよいでしょう。

休みをとって面接にいけないのであれば、中抜けや早退・午後出社を駆使するするのが良いです。

市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2020年版】