ブログ運営

<禁煙成功話>ブラック企業を辞めるとタバコも辞められる【まずは電子タバコから】

<禁煙成功話>ブラック企業を辞めるとタバコも辞められる【まずは電子タバコから】

「なんで煙草を吸うの?」

もし純粋な目をした小学校1年生の男の子が近づいてきて、あなたにそんな質問をしてきたらなんて答えますか?

友人が煙草を吸っている時、実際に聞かれたそうです。

彼は、少年にちゃんと答えられなくて、「なんでだろな。偉いなわからないことを大人に質問するのは。」とお茶を濁して終わらせたそうです。

そう、煙草を吸う理由なんて本当はないのです。

仕事のストレスで煙草の本数が増える

私も以前、煙草を吸っていた時期があります。

昔から煙草を吸うのは付き合い程度、いわゆる貰い煙草はしても、自分で買うということはありませんでした。

ところが、仕事でのストレス具合が高まったタイミングから、煙草を買って吸うようになりました。

気づいたら、だいたい1日7〜8本ぐらいの煙草を吸っていました。

仕事のストレスによる精神的な負荷に加えて、身体的な負荷まで高めてしまうなんて、自分で自分の寿命を短くする最悪の負のループに陥っていたと思います

頭でわかっていても辞められない

煙草は嗜好品です。

煙草をやめたい気持ちは持っていましたが、中毒になって辞められないのです。

煙草を吸う人と吸わない人では肺がんになる確率が・・・etc

と頭ではわかっていても、心が弱くなった時にそっと近づいてきて煙草を吸うことを思い出させるのです。

私の場合はあまりに高いストレス環境で、

「とにかく一瞬でもいいから仕事から逃げたい」
「少しでいいから仕事を忘れていたい」

そんなことを思って、煙草を吸っていました。

電子タバコ iQOS(アイコス)へ変えてみた

自分が煙草臭くなるのは嫌でした。

電子タバコの方が臭くないということは知っていたのですが、当時は本体が1万円以上しましたし、それを買ってしまうと逆に煙草を吸う自分を認めるみたいで避けていました。

目の前のタバコ1箱を買ってそれが最後のタバコになる、という可能性を捨てて、1万円払う気になれなかったのです。

でも、どんどん周りで電子タバコに変えていく人が増えていき、タバコがマイナーな感じになってきた中で、ある日、ふとコンビニでiQOS(アイコス)を買いました。

他の電子タバコではなく、iQOSにしたのはシェアが高いものを選んだ方がいいと思ったのと、一番仲良い人がiQOSだったので、何かわからないことがあっても聞けるのがよいと思い、そうしました。

iQOS(アイコス)で十分な満足感

私の周りでiQOS(アイコス)にしたのに、タバコじゃないと満足できないから戻ったという人もいました。

初めの3日ぐらいはそう思うこともありましたが、1週間を過ぎてからiQOS(アイコス)ではなく、煙草を吸ったら気持ち悪く感じて、逆にiQOS(アイコス)のほうが良いと感じました。

iQOS(アイコス)になれると今までのタバコが臭く感じるのです。

そうなるまではiQOS(アイコス)で、頑張って吸ってください。

iQOS(アイコス)から禁煙は楽、という説

煙草の禁煙には何度もチャレンジしました。多分10回以上挫折しています。

iQOS(アイコス)は数回数も制限がありますし、タバコに比べて禁断症状が軽いので禁煙が楽だとという話を聞いたことがありました。

ただ、当時は、仕事で死にそうな思いをしながら、毎日生きるのに必死だったので、煙草をやめるということは思いもよりませんでした。

だって、仕事からちょっと逃げられる場所がタバコだったので。

仕事をやめる決意をしたら、煙草をやめられた

仕事があまりに辛く、ある日、仕事をやめる決意をしました。以前、そのことを書いた記事が以下です。

「ここまでやってきたんだから逃げちゃダメだ」とか
「人に迷惑をかけないために応援してくれた人のために頑張らないと」とか
「他の人はもっと耐えているんだから俺も耐えないと」とか

今まで自分を押さえつけていた重圧があったのですが、いざ辞めるという決断をしたらそれらの重圧から解放されました。
自分が自分として生きていいんだ!と自由を手に入れるんだ!とエネルギーが湧きました。

辞める決意をした以降は、自分の中で煙草を吸う理由がなくなりました。

そして数日後、iQOS(アイコス)は家に置いて会社に行き、それ以来ぱたりと吸うのを辞めてみました。

タバコの時には、煙草を吸いたいという感覚が襲ってきますし、iQOS(アイコス)でも1回ぐらいあったのですが、すごく弱かったです。

過去何度もやってきた禁煙から比べると、禁断症状が非常に弱く感じたのです。

あまりの禁断症状の軽さに、これは禁煙できる運命なんだなと思いました。

仕事のストレスから解放されて自由になるのに合わせて、タバコからも自由になるんだ。

そんな気持ちを持った瞬間、もう2度と吸うことはないなと思えました。

禁煙をするための私の成功ポイント

禁煙が成功できた最大の理由は、仕事を辞める決断をしたことです。

そして、もう一つ、もし電子タバコにしていなかったら、あんなにスっと禁煙できなかっただろうと思っていて、iQOS(アイコス)のおかげで辞められたと思っています。

もっと禁断症状に苛まれて、苦しんでいたと思いますし、何かのきっかけでまた吸っていたかもしれません。

禁煙を考えているブラック企業の方は、電子タバコに変えて、電子タバコの軽い状態でも満足できるように慣れておくと辞めやすいと思いますし、会社を辞める決意ができたら、ぜひ一緒にタバコもやめてみてください。

精神的な負荷からの自由とともに、肉体的な負荷からの自由も一緒に手にいれられます。

ベンチャーに強い転職エージェント全7社【ランキング】