フリーランス

【断言】ブログで起業して失敗することはあり得ない【一つの場合を除いて】

成功と失敗
▶︎ こんな人におすすめ
・将来起業を考えている
・起業するのが不安だ
・起業した人の話を聞いてみたい
コハク
コハク
ブログで起業して失敗するわけがない。私だけではなく、あなたも!

起業に恐れをなすことはない

起業のカウントの仕方によりますが、勤めていた会社をやめてゼロから起業した経験は現在で2回目です。売上5億・従業員50人の会社まで大きくした経験があります。

さて、起業すると、周りには起業家の仲間が増えます。今回は、今後、起業したいという人が起業が失敗するとは何かを考えてみることで、「あれ、別に怖くないし、私もできるのではないか」と思えるようなお話をさせていただきます。

起業前の人
起業前の人
そんなことあるかなー

まず、これはあくまで感覚値ですが、起業してうまくいっている人とうまくいっていない人の割合でいうと、

凄くうまくいった人が1割ぐらい
泣かず飛ばずで生き残っているのが8割ぐらい
ダメになったまたは実質的にダメなケースが1割ぐらい

の感覚です。逆に潰れて終わった、なくなったというのは、あまりないです。
そういう意味では、起業をして食いっぱぐれて大変だということが起きる前に、リビングデッド状態で停滞する企業が多いかもしれません。食ってはいける、という状態ですね。

その原理は簡単で、ある程度能力のある人であれば、例えば市場価格50万円でやりとりされている労働力を実績がないので30万円で提供します!と言えば仕事は取れるわけですから、簡単には死なないです。

そう考えてみると、起業することは怖いことではないんですね。むしろ、起業したかったのに、恐怖に押し負けて自分の時間を人の会社のために使う生き方をしなければならない方が怖いことだと思います。

起業前の人
起業前の人
確かにそうかもしれないが・・・

さて、ここからは起業における失敗とは何かを考えてみたいと思います。

失敗の定義を例え話で紹介

ゲームセンターで100円を入れて勝ち進んでいくビデオゲームがあります。

Aはそのゲームが上手いので100円で全クリしました

Bはそのゲームが上手いのですが100円しか持っておらずラスボスに殺されてゲームオーバーになりました

Cはそのゲームが初めてで下手くそだったのですが一万円分の100円玉を持って行き100回コンテニューをして全クリしました

Dはそのゲームが初めてで一万円分の100円玉を持っていったものの3000円を入れた段階でゲームのクリアを諦めて継続しませんでした。

この中で「失敗」となるのは誰でしょうか?

答えはBとDですね。

B現金がなくなって挑戦権をなくし、全クリできませんでした。これは本人が諦めなくても、続けようがないからゲームオーバーです。

D現金を持っていましたが、続けることを諦めてしまったので途中で終わってしました。こちらもゲームオーバー、失敗と言えます。

極端な例ではあるものの、起業はこれと同じです。

現金がなくなってそもそも続けれらなくなるのか、続ける意思がなくなって諦めたのか、どちらかの状態になると「失敗」となります。

諦めるから失敗になる

諦めない限り、失敗はしておらず引き続き挑戦中、継続中ということになります。

一緒に創業した仲間が裏切って事業継続ができなくなったので諦めてた。
事業をしていても生活は苦しく、儲からないので、諦めた。

など、諦めに至る状況は沢山ありますが、精神的にもうダメだと思うか、思わないかはその経営者次第だと思います。

どの経営者だって、順風満帆で全て順調という人はいません。必ず苦境を乗り越えてきているので、その中では生き残っている人は精神的にタフだと言えます。

お金がなくなって失敗が確定する

失敗の明らかな判定が出るのは、「現金がなくなった」という状態です。

お金がなくなって続けられないというのは、普通は仕入れる商品が買えなくなったり、買掛け金が支払えない、借り入れ金が返済できない、給与が払えないという形で、外部から購入したサービスの対価や借り入れたお金の返済、従業員への給与の支払いがない限り発生しません。

固定費の高い事業を行ったり、借入をしてレバレッジを聞かせるとそのようになる可能性が高まります。

ブログ事業って失敗あり得るのか?

今、ブログ事業の場合、何が起きると失敗になるのでしょうか。
お金がなくなって続けられなくなるか、諦めて自分が書かなくなったことですね。

さて、ブログは、仕入原価もほとんどないですし、強いて言うなら自分や自分の家族の生活費だと思います。
確かに、それが賄えなくなったら終了ですが、専業じゃなくて副業でやったっていいわけですから、ブログは本人が諦めない限りは失敗しない事業モデルなんです。

起業前の人
起業前の人
た、たしかに。

ブログは費用がかかってお金が溶けていくような諦めさせる外部圧力も小さいですし、諦めることを自分がしない限り勝てるのです。

お金がないから彼女を作ってヒモになる

最後に、自分の知り合いのIT企業の社長のケースを紹介します。事業内容はブログではないのです。そもそも、事業内容を聞いた時に、どうやってマネタイズするのか全くわからず、本人もどうやったらお金になるのか、曖昧な状態でした。

そのまま、サービスを作ったものの、案の定売上という売上は立たず、しまいには手持ちのキャッシュがなくなってしまいました。

そこで彼のとった行動は、彼女を作ってヒモになるという作戦です。

起業前の人
起業前の人
そんな手もありなのか。

家も彼女の家に転がり込んで、食事代も必要によっては外食のお小遣いももらって続けました。

固定費の少ないIT系の起業は、コンテニューしやすく、どこまででも粘り続けられるのです。
これでも、結局最後は事業シナジーがある会社が事業の買取を名乗り出て、彼は勝ちました。

諦めずに続けるというのは、こういうスタイルでもできるのです。

コハク
コハク
あなたがブログを書く手を止めて、諦めない限りクリアできます。
脱サラ起業法
脱サラ起業で最初から安定売上を作り軌道に乗せる方法脱サラ起業で最初から安定した売上を獲得するため週1〜3日程度の業務委託を獲得する起業方法を提案しています。営業やマーケティング等の非エンジニアでもできる方法で、最初から最低限稼ぎながら起業だから精神的にも安心感ありますし、収入があることで事業立ち上げが長期間かかっても戦えるのでお勧めします。...
起業おすすめの記事