転職総合

仕事から逃げたいときに見るブログ

仕事から逃げたい

自分が仕事をミスしてしまった。
部下がトラブルを引き起こして炎上した、その監督責任を詰められる。
お客さんからクレームが入った。
そして、それらを上司から叱責を受ける。

仕事で心を苦しめられるほどの状況に自分が追い詰められるというのは、本当に辛いですね。

いよいよ、仕事から逃げ出したいと思って、どうしたらいいのか、ずっと調べべることもあるかもしれません。

そういう人に「逃げ出したいなら逃げ出せばいいじゃん」なんていうことは簡単には言えないです。

現実は複雑に絡み合っていて、そんな簡単に処理できるものではないですね。

逃げ出したくても、逃げることで事態が悪化してしまうのが目に見てているし、そこから、もっとよくない状況に自分が置かれてしまう。

自分を見て私も頑張ろうと思ってくれていたメンバーの心の支えだし、自分がはタフだと思い込ませる。

だから、頭の中では、妄想。
いいな、自由になっていたら、なんて少し想像して現実逃避。

でも、それだとずっと続きませんね。

この記事を書いた人

モモタ 【名前】モモタ(30代後半・SE) ブラック企業でブラック上司の元、毎日トラブル対応。身体的な疲れとプレッシャーから鬱になり転職。

仕事から逃げたいと思わせる上司の言葉


「一個の失点も許されない」

こんな言葉で退路を立たれていませんか。

正直言って、人間ですから、ミスや想定外の事態は起きるんです。
その前提がない状況が悪いと今なら思います。
そこまで部下を追い込まないといけない設計をしていては、人がついていけません。

もし仮に、そこまで退路を立たないといけない自体をあなたが原因で作っていたとしても、
それも含めて、想定してカバーしていないとダメなんです。

自分の面構えが大事なのか、そういう時に上司の本性わかりますよね。何を守ってるのか。

仕事から逃げ出したいと思ったら、本当に逃げ出すのかは別にして、そもそも、自分が悪いと思うことはやめませんか?だって、自分ばかりが原因じゃないんだから。

仕事から逃げたいと思ったら「最低限の仕事」に絞り「自分の時間」を作れ

逃げ出したって解決しないんだから、最低限の仕事だけしておきましょう。
最低限というのは、レベル感があると思いますが、とにかく業務として回るレベルのところ。

あなたの人生の時間を使うのに、辛いことに使うなんてもったいない。
仕事をすることで喜ぶのが上司なんて生き方はやめたほうがいい。

でも責任はあるから、いきなりはやめられない、逃げられない。だったら、最低限だけやりましょう。

相手の期待に答えようとするから疲れるんです。評価する人が他人でいつづける限り振り回されます。

そうやって、評価されようとすればするほど相手の評価を気にして、もっと振り回されて疲れ果てます。

だから、もう期待に答えるなんて考えなくていいんです。

仕事の責任の最低限だけを果たす。まずは、こうやって自分の時間を作りましょう。

仕事から逃げたい時に役立つ考え方

逃げたいと思うほどになったら、人に相談しましょう。
他人に話を聞いてもらって、助言をもらうだけで、気の持ちようが変わります。

あなたの人生の悩みを真面目に聞いて、レスポンスしてくれる人であればいいんです。

最低限の仕事に抑えて、時間を作って、話を聞いてもらういましょう。

怒っている人がいたら、あなたではなく自分に怒っている

「あなたを怒っている人は、実はあなたを怒っているのではなく自分に対して怒っている」

つまり、お前が出来が悪から!と怒っている上司は、深層心理では、自分に対して自分の出来が悪いことを腹立てていて、それをあなたに当たっているのです。

自分の身を守るためにやっておくこと

いづれ辞めることになるんだったら、責任問題を持ち出されないように、問題を解決に務めた記録をメールで残したり、社内会議を録音しておいて、自分が責められる記録を残しておきましょう。

仕事から逃げたい時には、最低限の仕事の抑えてしまって、自分の時間を確保しましょう。

心身が疲れてしまっている時には休むことも大切ですし、人に相談をするために時間を使ってみましょう。

退職代行比較
退職代行サービス10社の徹底比較まとめ退職代行サービスを10社をまとめてご紹介しています。どこにすればいいか、検討されている方はぜひご参考ください。...
市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2020年版】