転職

仕事を辞める決意をすべき?迷ったら読むべき考え方と退職事例

仕事を辞める決意をすべき?迷ったら読むべき考え方と退職事例

仕事を辞めるという行動は気持ち的にも実務的にも大きなハードルがありますよね。

人生の一大イベントなので、できる限りの情報を集めて考えたいところです。

本記事では、仕事を辞める決意をすべきかどうかを考える参考情報を事例を含めてご紹介してきいます!

▶︎ こんな人におすすめ
・会社を辞める決意を迷っている
・仕事をやめようと思って情報を集めている
・辞める時の他の人の状況を知りたい
・辞める時に注意すべきことを知っておきたい

目次

仕事を辞める決意ができない理由

会社を辞めるべきか?残るべきか?決意の仕方

まずは、仕事を辞める決意ができない理由を考えてみましょう!

多くの場合、その理由は3つあります。

辞められない理由

1. このまま残るメリットを捨てるのが勿体無いと思うから
2. 退職した後の将来に対しての不安があるから
3. 他人・会社のことを考えすぎてしまうから

一つづつ見ていきます!

仕事を辞める決意ができない理由①このまま残るメリットを捨てるのが勿体無いと思うから

現在、勤めている会社が大手優良企業だったりすると、辞めることが勿体無いと思い、ためらいが出てきます。

一般的に、大手企業を辞めてしまうと、あったはずの会社の中での待遇やチャンスは無くなってしまいます。出戻りを許す会社も増えているようですが、社内出世のメインストリームからは外れてしまいます。

辞めるだけのメリットがあるかを改めて考える

一方で、転職活動して内定はもらったものの、最終的に転職しない人は結構います。理由は「転職活動を通じて今の会社の良さに気づいたから」です。

結果的に、仕事を辞める決意はしなかったとしても転職活動をすることで今までと違った見方で今の会社を見つめる事ができます。

今の仕事の良さに気づいたら無理して仕事を辞める決意をしなくていい

仕事を辞める決意ができない理由②退職した後の将来に対しての不安があるから

今の会社にいれば来年も再来年も、大きく外れない範囲で想像ができますが、退職すると全く新しい世界に飛び込むわけですから、何が起きるのか不安を感じることになります。

転職ではなく、独立するという人であれば、なおのことリスクも高まりますし不安も大きいと思います。この不安は、悩んで解決できるものではありません。

ギリギリまで情報を集めたり、人の話を聞くなど、リスクの低減をしつつ、最後はリスクテイクをする勇気が必要です。

人生を変える決断なのでリスクはギリギリまで減らした上で最後は覚悟が必要

仕事を辞める決意ができない理由③他人・会社のことを考えすぎてしまうから

家族のことだったり、友人、会社の上司、同僚、クライアントなどに迷惑をかけるのではないかと心配をしていませんか?

「辞めると家族が不安を感じるだろう」
「会社を辞めたら周りからはどうみられるだろう」
「今、辞めると言ったら上司は激昂するんじゃないか」
「辞めたら残るメンバーに負担がかかって申し訳ない」

など、他人のことで悩むということです。

日本ではムラ意識が強く今のコミュニティから出るというだけで周囲から逆風を感じることもあるでしょう。

しかし、自分の気持ちに嘘をついて、他人の人生を生きいくのは辞めたほうがいいです。人は人、私は私です。他人に振り回される人生に幸せを感じることは難しいです。

我慢をして、代わりに家族を守るということもわかりますが、我慢をせず自分も楽しく仕事ができて、家族も守れるのあればそちらのほうがよく
ないでしょうか。

他人に振り回されない自分の人生の意思決定が必要

仕事を辞める決意をすべき理由

【事例】4人の退職決意の仕方(退職理由と伝え方)

ここまで、辞める決意ができない理由を考えてみました。それでは、逆に辞めるべき理由はどういうことが考えられるでしょうか?

辞めるべき理由

1. 自分の心に従う事が健康
2. 視野が広がって人生観が変わり新しい楽しみが生まれる
3. 給料等の労働環境が良くなる

一つづつみていきましょう。

仕事を辞める決意をすべき理由①自分の心に従う事が健康

他人の人生を生きると我慢も多く、健康に良くないです。もしあなたの心が今の会社にいることで我慢をしているのであれば解放して、自分が在りたいように心に素直になるのが今も幸せですし、長生きもできて良いです。

仕事を辞める決意をすべき理由②視野が広がって人生観が変わり新しい楽しみが生まれる

会社にいると、自分の認識していないレベルで色々刷り込みされています。話す言葉の単語の選び方や挨拶の仕方とかもそうですし、そもそも通勤電車に乗ることが当たり前と思う人と、乗らないのが当たり前という人もいます。

会社を辞めると、その会社の文化で当たり前と思っていたことを客観的に見直せますし、別の角度で新しい発見ができます。そういったことの積み重ねが人生観を変え、新しい興味や楽しみを引き出してくれます。

仕事を辞める決意をすべき理由③給料等の労働環境が良くなる

最後は、給料を上げることができるし、長時間労働をしていた人であれば、労働時間が短くなります。または、単純作業ばかりだった仕事内容が、キャリアとして積み重ねていく事ができるスキルを身に付ける機会になります。

仕事を辞める決意をすべきか考える方法〜退職届を胸に入れて1週間過ごす〜

退職届を書いて胸ポケットに入れて、いつでも上司に出せる状態にまでしておいて、あえて1週間それを胸に入れたまま、会社で業務をするのです。

そうすると、会社にいるときに上司に辞めることを伝えるシーンの脳内シミュレーションが何回も行われます。

本当にやめるべきかどうかをさらにリアルに考えられるようになります。また、上司に伝えるときの伝え方、聞かれそうな質問、具体的な引き継ぎのスケジュール感を考えておくなど、実際に上司に伝える内容の網羅性をあげられます。

ポケットに退職届を1週間忍ばせてみることでいろいろ考えが巡る

仕事を辞める決意をしたら抑えるべき5つのポイント

やめると決心したら
辞めると決意をしたら、抑えるべき5つのポイントを紹介します。

仕事を辞める決意をしたら抑えるポイント①まず家族への相談しよう

退職を考えはじめたら家族に相談することをお勧めします。
最大の理解者だと思っていた家族が転職の最大の妨げになるというケースが結構あります。

転職が決まってからの相談では遅いので、まず最初に家族に相談して、転職するのであればどんな不安があるのか、その不安の解消をしてください。

家族が応援してくれれば、すごくやりやすくなりますし、転職をしようかなと頭によぎった時点で相談するのが一番良いです。

一人で生きていくことはできませんし、家族との相談して進めることを一番に考えることをお勧めします。

仕事を辞める決意をしたら抑えるポイント②退職は内定の後!転職活動を先に始めよう

退職を先にしてしまうと、生活の不安もできてしまいますし、転職するときの交渉力も下がってしまいます。希望の条件があわないのであれば転職をしないという選択肢も取れます。

内定をもらい、転職先と入社日の当てが出来てから退職を伝えてください。

会社にいる時の転職活動の注意点としては、会社では転職の類を一切やらないことです。会社でそういうことをしているのがバレて得することは一切ありません。むしろ、バレると足を引っ張られるなど、邪魔される可能性もありますので、会社のパソコンでやりとりしたり、サイトを見たりというのもしないようにしましょう。

仕事を辞める決意をしたら抑えるポイント③有休やボーナスはどうする?

有給が余っている方は、有給をうまく使って平日の転職活動をするのが良いです。

そして、時間に余裕をもって転職活動をしてボーナスをもらってから退職意向を伝えてください。残っている有給もフルで使えるように、書類上の最終出社日とは別に、実務的な最終出社日を決めて、引き継ぎをしていくのが良いです。

仕事を辞める決意をしたら抑えるポイント④上司への相談・内容

上司には内定をもらって転職先が決まってから話すのが良いです。

そもそも転職を好意的に受け止めない人もいるので、未決定時点で話をしても、妨げになったり、邪魔される可能性が出てしまいます。

意向を伝えられた会社は退職の手続きに応じないといけないので、淡々と手続きを進めるのが良いです。

仕事を辞める決意をしたら抑えるポイント⑤辞めると決めてから最終出社日までの流れ

円満に退職するために、引き継ぎをしっかりやって好印象を残してください。

ビジネスの世界は意外と狭く、評判も出回るので最後までちゃんとやったという良い印象が残るように努めてください。

仕事を辞める決意をした人は「本音」と「建て前」を使い分ける

エンジャパンの調査によると、退職理由で本音と建前を使い分ける人は約半数います。

退職理由をみんなどうしているのか会社(人事)に伝えた退職理由はホンネと異なるものでしたか?
[en]社会人の転職情報」
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2013/2531.html

また、本音の退職理由と建前の退職理由でを比べてみると、表向きは「家庭の事情」と伝えているようです。実際、本音では「人間関係」が理由で退職をしています。

退職理由をみんなどうしているのか会社(人事)に伝えた退職理由と本当の退職理由は以下のうちどれですか?※代表的なものをひとつお答えください。
[en]社会人の転職情報
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2013/2531.html

多くの方が、円満退職にするために本音と建前を使い分けています。

仕事を辞める決意をした人に起きる退職トラブルと対応策

いざ退職すると伝えても、それ以降にトラブルになるケースもあります。
事前にどういうトラブルの可能性があるのかを把握して、スムーズな退職ができるように調整しましょう。

退職時のトラブルと対応策退職時・退職後にトラブルになる理由として多いものを教えてください。※複数回答可
エン・ジャパン『ミドルの転職
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3212.html

トラブルで多いのが、自社での業務が回らなくなるということでの、強引な引き止めです。

退職時のトラブルと対応策ミドルが退職を切り出すタイミングとして適切なタイミングはいつだと思いますか。 ※複数回答可
エン・ジャパン『ミドルの転職
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3212.html

法律上は退職日の2週間前に言えば問題ないのですが、余裕をもって退職の話を進めるのがいいです。それも後任が見つからない場合は、会社側の責任と割り切るしかないです。

仕事を辞める決意をした4人の退職理由と伝え方

退職の決意にはエネルギーを要します。4名の退職の状況・背景と決意の仕方を紹介しますので参考にしてみてください。

仕事を辞める決意をした事例①建前と本音を使い分けて入社半年で退職(Aさん・女性・22歳)

有名私立大学を卒業した知的な女性でしたが、新卒で入社したIT企業を半年間で会社を退職しました。

▶︎退職理由(建前)
表向きの退職の理由は、母の体調があまり良くないので、家業を手伝うことになった。ということでした。確かに、実家の家業として地元で複数店舗のパチンコ屋を経営している裕福な家でした。家族で経営をしており、お母さんが経理と秘書をされていたようです。

▶︎退職理由(本音)
実際はお母さんの体調が悪いということはなかったのですが、上司のセクハラが嫌で退職を決意しました。一番ひどかったのは、お酒の席で顎を掴んできたことでした。

上司とはいえ、女性の顔に触ることが許せませんでした。そのあと、風邪をひいたと言って、1週間ぐらい会社を休みました。

▶︎退職の伝え方
上司(部長)の上長(役員)に直接退職の意向を伝えました。その際には、家業を手伝うということで伝えました。入社する前から、将来は家業を手伝うつもりだと言っていたので、違和感はなかったと思います。

1週間ぐらい休んだということで、何かしたのメッセージが伝わっていたらいいなと思いましたが、辞めるにあたってわざわざごちゃごちゃにしたくないので、上司のことは言いませんでした。

仕事を辞める決意をした事例②商社のノリが辛かったので退職(Bさん・男性・25歳)

有名大学を卒業して、新卒で入社したのが総合商社でした。離職率がかなり低いにも関わらず、退職をしてウェブ広告会社に転職をしました。

▶︎退職理由(建前)
表向きの退職の理由は、ベンチャー企業で自分の力を試したい、若いうちから成功を収めたい、その勝負をかけたいということで話をしました。

▶︎退職理由(本音)
もともと、ビジネスに身を染めたいと思って、商社に入ったのですが、年功序列で、飲み会に耐えた先にいる先輩の姿に希望を感じなかったし、時間を無駄にすると思ったからです。

度重なる飲み会と飲み会で芸をさせられることが、どうしても辛くなってしまって辞めました。同期結婚式などでも行う、その会社の伝統的な飲み方・飲みのコールがあってそれが本当に嫌でした。朝まで飲んで、朝から会社に行くというのが続くことが無意味に感じられたし、しんどかったです。

ある日、飲み会明けに迎えた朝日を見て、辞めようと決意しました。

▶︎退職の伝え方
上場を見据えた会社から内定をもらってから、退職の話をしました。

担当課長に話をする時に、決定事項ではなく「相談がある」という程で話をしました。親身に相談に乗ってくれましたし、最終的に担当の課長は理解を示してくれました。人事にも上司を通じて伝えました。

相談ということで話すことで、円満退職しやすい雰囲気にできました。

仕事を辞める決意をした事例③起業したいと言って辞めた(Cさん・男性・28歳)

新卒で入ったベンチャー企業を起業するからということで退職しました。

▶︎退職理由(建前)
起業家を輩出するということを謳っている会社だったので、起業します、といって辞めることは問題ないと思い、そのまま伝えました。

▶︎退職理由(本音)
そのベンチャー起業の給与水準も低かったですし、それ以上いても得るものがないと思い、辞めることにしました。自分としても起業をしようと考えていましたので、やることは明確に決まっていませんでしたが、キリよく3月末付けて退職しました。

▶︎退職の伝え方
担当部長に起業のために辞めるということで伝えました。上司は私が退職することで、今後の営業に対してのマイナス影響を心配していました。私としても時間の限り、マイナス影響が出ないように引き継ぎ等をしっかりする旨を伝えました。

小さい会社だと、どうしても自分が辞める影響が出てしまうので、仕方ないと割り切っていました。

社長からは、明確なビジネスモデルがない中で、起業すること自体を慌てないほうがいいということを何度かの打ち合わせに分けて言われました。事業が固まったら出資するという話もありましたが、受けると頭が上がらないし、受けたくもないと思って断りました。最終的には円満だったと思います。

仕事を辞める決意をした事例④寿退社です!(Dさん・女性・33歳)

もっと早めに退職をしたかったけど、結婚を理由にスムーズな退職に成功しました。

▶︎退職理由(建前)
結婚するので辞めます、という話をしました。

▶︎退職理由(本音)
一年前ぐらいから仕事が体力的にきついので辞めたいと思っていましたが、ずっと切り出せませんでした。

ちょうどプロポーズもらった結婚相手にも話をしたら、だったら辞めたらいいということで話してくれました。年齢的にそろそろ子供産まないといけないと思っていたので、結婚したらすぐ出産に向かいたかったし、そうなると結局、会社で働くのもあと1年ぐらいだったので、先に辞めました。

ハードワークしすぎて子供が産みにくい体になるということも聞いていたので、早めに辞めて体調を整える時間にしました。

▶︎退職の伝え方
上司に、結婚するので辞めます、という話をしました。最初は、冗談で言われているのか、といったような反応だったのですが、事実だということを伝えたら、上司が一緒に喜んでくれました。

結婚式にも参加してほしい旨を伝え、ハッピーな雰囲気で終えられました。

▶︎▶︎▶︎リクルートエージェント
リクルートエージェントは登録しましたか? 業界最大手ですので、転職活動の始めに登録してください。内定をもらわずに、辞めることを伝えることはお勧めできません。

■求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1
■高収入の非公開求人も多数
■強みを発見キャリアアドバイザーがあなたの強みを発見
■職務履歴書・面接の助言も実施

▶︎▶︎▶︎マイナビジョブ20’s
若手の転職に力を入れている転職エージェントです。20代の方はこちらもお勧めです。

■20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント
■20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザー
■業界最大手マイナビの情報網
■転職活動の始めから終わりまでサポート


市場価値診断で「自分の適正年収」を探れ!5社サービス比較【2019年版】