フリーランス

脱サラ起業で最初から安定売上を作り軌道に乗せる方法

脱サラ起業法
▶︎ こんな人におすすめ
・脱サラしたいけど収入なくなったら怖い
・起業の初月から安定した売上を作る方法を知りたい
・いずれ起業したいと思っている
・エンジニアではないため仕事が取れるか心配
・副業頑張ってるけど時間がうまく確保できず伸び悩んでいる
コハク
コハク
脱サラをする上で最初から売上があると自分も家族も安心だしオススメ
そんな方法あるの!?
コハク
コハク
脱サラするならこの方法、「あり」だと思います。

私のいた会社のスタッフの話

私のいた会社のスタッフの話

出会い

コハク
コハク
最初に私が社長をしていた会社の女性スタッフの話を紹介しますね

彼女とは、最初にクラウドソーシングで仕事を発注したことで繋がりました。彼女自身はフリーランスとして独立をしていたのですが、案件がスポットでしか獲得できないので仕事が安定していないことに不安を感じていました。

受託業務ばかりだと安定しないもんね

私は彼女の仕事スピード感と品質に高い信頼をおいており、複数の案件を発注していきました。今後も彼女に安定的に当社の仕事に関わってほしいと考えて、フリーランスを続けられるような条件を考えてオファーをしました。

当社へのお誘いから契約へ

コハク
コハク
自由な働き方ができる組織にしよう!

コハクも脱サラして起業した最初は個人事業主でスマホアプリエンジニアの端くれとしてフリーランスをしていた経験から、そういった自由な働き方を推奨したいし、そういった働き方の人を柔軟に受け入れられる組織づくりができる会社が人材確保に成功して成長する会社になると考えました。

喜んで合意いただき「業務委託」で契約しました。

契約内容のポイント

・月間xxx時間 金額はいくら
・業務内容はデザイン・コーディング

以上!

私としては週2、3日でも彼女が安定的に当社の業務をしてくれれば十分嬉しいと考えていたのですが、彼女の希望もあって週4日間ということで契約をしました。業務委託なので、出勤時間の指定もなく、ラッシュを過ぎたあたりに会社に来ていました。細かいは部分なのでここでは省きますが、請負契約ではなく委任契約です。

<補足:なぜ出勤を求めたか?>
個人情報の入るデータベースを社外からアクセスさせないというセキュリティの問題です。社外からの業務では業務範囲が限定的になるためです。

彼女は今や年収2000万円プレイヤー

突然ですが、彼女は私の会社の仕事も含めて、現在、年収2000万円を稼いでいます。

脱サラLv.1
脱サラLv.1
すごいー!!
年収2000万円の内訳

当社の仕事 600万円
ウェブ制作 1000万円
不動産収入 400万円
合計 2000万円

当社の仕事で年収600万、そこにだいたい月に1、2本のウェブ制作案件を請け負って月によって50-150万、不動産収入で400万といった内訳です。

コハク
コハク
脱サラして起業する際に、「安定的に稼げる仕事」と「不安定だけど多く稼げる仕事」の時間配分を設計する「時間のポートフォリオ設計」を提唱したいです。
「時間のポートフォリオ」

自分の時間は投資の原資です。その時間を、安定性の高いものに60%、リスクの高いものに40%といったかたちで、自分のポジションとタイミングで振り分け、金融投資のようにポートフォリオを組むという考え方です。

時間配分を自分で設計すればいいのです。安定した収入源を確保した上で、チャレンジングな仕事を作ったり、取ったりすれば収入も大幅に増やすことができます。

彼女の場合、私の会社からの安定的な収入を得ながら、自分でウェブ制作のお客さんを確保していきました。ウェブサイトの受託制作はお客さんありきなので、波があります。そのため、ウェブ制作の受託で得た収入を、より安定性のある収益源・不労所得へと転換させるため不動産投資もしています。

1. 安定した収入源を確保
2. 残りの時間でリスクある仕事に挑戦
3. リスクある仕事で得た収入をより安定性の高い収入へ転換

ちなみに彼女は優秀なコーダーです。ウェブデザイナーやITエンジニアだこういった仕事の仕方をすることで、起業しやすい環境になっています。

脱サラLv.1
脱サラLv.1
ITエンジニアならそういう働き方もありそうだけど、私はエンジニアじゃないからなぁ・・・
コハク
コハク
脱サラした営業やマーケティング出身など非エンジニアでも業務委託が取れる方法をこれから紹介していきますね。

脱サラ起業をする時に安定した売上を得る方法

脱サラ起業をする時に安定した売上を得る方法
今回、私が提案したい起業の仕方はエンジニアじゃなくても、週1日〜3日程度の業務委託で安定的な売上を作っておきつつ、他の時間で新規事業を立ち上げるという方法です。

最初から生活に必要な分のお金を稼ぎながら、事業立ち上げができるので精神的にも安心感がありますし、長期戦で戦えるので事業の成功確率はあげられるでしょう。

今から説明したいことはこのスライドです。

時間のポートフォリオ設計

起業をカテゴライズすると以下の2パターンがあると思います。

起業のパターン
1. 自社サービスありきの起業
2. 脱サラありきの起業

脱サラLv.1
脱サラLv.1
やることが絞られているのかってことね

1. 自社サービスありきの起業

社会的な使命を感じてやることが決まっていたり、特定の分野やサービスが決まってて起業するパターンです。こちらの場合、とにかく余計なことはせずにサービス作りに没頭すればいいと思います。事業分野、対象、サービス内容が具体的にあって独立をする人はそれをしっかり育てることに注力するべきだと思います

コハク
コハク
俺の中では通称「革命戦士」
社会にインパクトを!みたいなのわかるけど、人生一択!これのみ!って心酔できる人に俺はなれないという結論にたどり着いた。

2. 脱サラありきの起業

とにかく今のままダラダラと会社に残りたくない。計画はあるものの具体的には辞めてから走りながら考えるというパターンの人もいると思います。ちなみに、1回目の起業をした私はそんな感じでした。仕事を受託して行ったり、プログラマーやライター、ブロガーなどフリーランス的なのはこちらですね。

起業するにあたって、脱サラ的な起業をするのであれば、「業務委託」で週1日〜3日ぐらい仕事を受けて安定的な収入を得つつ、チャレンジングな仕事をするという選択肢があります。

コハク
コハク
働き方を選んだ結果、起業って感じ。素直にいうと、会社勤めではなく、自分で稼ぎたいんだよね。リスクと手に入れるもの、自分のポジション・能力を考えて、こちらの方があってると自分で思っているので。
脱サラLv.1
脱サラLv.1
そういう起業もあっていいよね?
コハク
コハク
脱サラ起業は、全然あり。むしろ、脱サラ起業は副業・兼業というトレンドの中でやりやすくなってきてる。

副業・兼業の時代に入り企業の案件に変化

脱サラLv.1
脱サラLv.1
ウェブエンジニアとかデザイナーはいいよな。オンラインで仕事したり、業務委託での仕事も選べるし、脱サラ起業しやすいよね
コハク
コハク
営業やマーケティングなどをやってきた人でもそういう業務委託の仕事が取れる方法があるんだ!
脱サラLv.1
脱サラLv.1
え!教えてくれ!

副業・兼業による非エンジニアOKな業務委託案件の具体例

コハク
コハク
こんな感じで、非エンジニアで向けに副業・兼業限定の案件が結構出てきている
脱サラ起業案件

案件ごとに労働条件を見てみるとこんな感じになっています。

ウェブサービスのプロダクトマネジメント系

■仕事の進め方:
社内のエンジニア、デザイナー、データサイエンティストらとチームを組み、プロジェクトとしてサービス企画を行います。
少人数で事業を行っているため、一人一人の意見が経営に直結する環境にあります。
社長ともディスカッションを重ね、あるべき新卒サービスマーケットの議論を重ねていきます。

■その他
・週1回以上の勤務を想定しています(時間は問いません)。
・報償費2万円~3万円/日(能力に応じる)をお支払します。

労働条件
・社員雇用ではなく、業務委託契約となります。

広報PR系

広報企画営業・製品PRプロデューサー

【仕事内容】
・経営戦略、営業戦略に基づいたプロモーション戦略の立案
・HPの改善およびSNS等を活用した広報企画および実施

【その他】
・週1回程度の勤務を想定しています。
・社員雇用ではなく、業務委託契約となります。

営業企画系

<仕事内容>
・事業戦略および営業戦略の企画策定
・実行施策への落とし込みおよびKPIの設定
・営業プロセスの管理改善仕組み化

<この仕事で経験できること、得られるもの>
・社長の右腕として新規ビジネスの柱を確立させる貴重な経験
・まだ組織体制もしっかり構築できていないため、組織を1から創っていくことができる
・事業成長の中核を担え、今後の事業展開にあたって自身の意見を反映できるチャレンジングな環境
・15名以下のスタートアップで縦横無尽に活躍できる
労働条件 ・週1回以上の勤務を想定しています。
・リモートワーク可
・社員雇用ではなく、業務委託契約となります。

コハク
コハク
他にも、人事・労務の設計とか、オールジャンルあるよ
脱サラLv.1
脱サラLv.1
営業企画で在宅でもOKってかなり進んでますね
コハク
コハク
起業してこういった案件を受けると、独立したコンサルタントとして仕事の実績にも使えるしメリット大きい。

副業兼業限定の案件が多数出ています。

脱サラ起業してビズリーチで案件獲得 脱サラ起業してビズリーチで案件獲得 脱サラ起業してビズリーチで案件獲得

実は、これ全部、ビズリーチの公募案件として出ているんです。

ビズリーチって転職サイトというイメージがあると思いますが、副業・兼業のトレンドをいち早くキャッチして取り入れるのが、ビズリーチなんです。他の転職サイトではこういったものはでてないですし、ベンチャーでどんどん世の中の変化に合わせていける会社ならではの案件だと思います。

独立して起業をしようとしている人やフリーランスで仕事している人がこういった業務委託案件を獲得して、安定的な収入基盤を作っておきながら事業を立ち上げをしていくことで成功率をあげることが可能です。

例えば、まだ会社勤めをしている段階からこういった案件にアプローチしていって獲得できたら辞めるという形にしてけば、初月からコンサル業務を獲得してる状態で起業が可能です。案件に携わることで、業界のトレンドや先端情報が入ってくるのであなたが行う事業に対してのメリットも考えられます。

なお、ビズリーチは有料というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今回、紹介している副業・兼業の公募案件は全て無料で閲覧から応募まで完結できます。

登録は10分あれば完了しますし、コストもかからずデメリットがありません。

脱サラ起業を考えているなら、ビズリーチをうまく使って、業務委託案件を確認することをお勧めします。

コハク
コハク
ノーリスクで、上振れしかない選択肢だから、自分で事業やっている人なら迷いなく、速攻取り掛かる話だね
脱サラLv.1
脱サラLv.1
確かにやらない理由はないね!

まとめ

脱サラ起業をしようとしている人が業務委託案件を獲得して、安定的な収入基盤を作っておきながら事業を立ち上げをしていく具体的な手段を提案しました。今回、紹介した「時間のポートフォリオ設計」の考え方に基づいて、安定収益としての「業務委託」に、「ブログでの起業」を組み合わせれば、ブログで勝つまで戦える体制を組むことも可能だと思います。

\今ならプレミアム会員を無料体験/

起業おすすめの記事