転職

ベンチャーの役員になるための転職サービスランキング【スタートアップの元社長が語る】

ベンチャー役員への転職会社ランキング
▶︎ こんな人におすすめ
・ベンチャーの役員になるための転職サービスをしりたい
・採用する側の経験者の考えを知りたい
・事例を聞きたい
コハク
コハク
IPOを目指すスタートアップでの採用経験から紹介
リアルな話は参考になる!

CXO・執行役員として転職するために使うべき転職会社

ランキング

ランキング1位
私のいたベンチャー企業はヘッドハンターに役員ポジションの人材相談していました。

結果的にヘッドハンターからの紹介が多かったですし、優秀な人も来ました。

ビズリーチは、ほとんどのヘッドハンターが登録しているので、役員として転職をしたいのであれば狙い目です。

オススメ度

詳細ページ公式ページ

ランキング2位
リクルートは企業に対する営業体制が充実しているので、案件の網羅率が高いです。

私のいた会社も定期的に募集ポジションと状況をヒアリングされていました。

キャリアカウンセラーにフィットするベンチャー役員案件があれば紹介して欲しいということを伝えておくのが良いです。

オススメ度

詳細ページRecruit Agent(公式ページ)

ランキング3位
登録するとスカウトが来るサービスです。

ベンチャー企業が資金調達をして採用担当者を配置した場合、企業から候補者に直接スカウトを送るプッシュ型の転職支援サービスを活用します。

CTOや技術系の執行役員を考えている方なら、Forkwell Scout も押さえておきましょう。

オススメ度

Forkwell scout(公式ページ)

ベンチャー役員への転職の全て【リスクなし!元ベンチャー社長&取締役経験者が語る】
ベンチャー役員への転職の全て【リスクなし!元ベンチャー社長&取締役経験者が語る】ベンチャー役員・幹部への転職について実体験に基づいて紹介しました。役員といってもポジションによって求められる役割も責任も全く違います。また、会社のステージごとに参画しやすさも違います。若い方が間口は広いので、ベンチャーの役員としていづれ名を上げたいなら、友達伝いにベンチャー経営者を紹介してもらいつつ、ヘッドハンターとのコネクション網を構築して情報収集から行動を始めましょう。...